トレーダーの日常生活

ゆったり為替がFXの授業をする?

投稿日:

雄牛FXで負ける理由」で、信頼できる先生を探すことが難しいと書きました。また、先生の指導下で勉強することが、FXで勝てるようになる近道だと考えています。
→  トレードで稼げるようになる近道

では、ゆったり為替が塾を開いてFXを教える選択肢はあるか?ですが、現在のところありません。今回は、この理由を書いてみます。
 



(1) 投資助言業の登録をしなければ危うい

投資助言業の登録をしないでトレードの授業をすると、法律に違反する可能性があります。そして、登録しないで授業できる範囲とできない範囲の境界線は不明確です。

このため、法に反していないと思って授業をしたら実は法律違反だった、ということもあり得ます。

では、投資助言業の登録をすればいいじゃないか?となるわけですが、登録に当たっては500万円を国に供託する必要があります。このため、本格的にビジネス展開する意図がなければできません。

(2)  授業を受ける人の性格に沿った授業ができるか

小説:伝説のFXトレーダー」でのサリーの言葉を抜き出します。

「私とあなたでは、生まれ育った環境、お金に対する考え方、経験、知識、全てが異なるの。だから、私にとってベストな方法があなたにとってもベストとは限らない。さらに言えば、5年前の私にとってベストな方法と、現在の私にとってベストな方法も違う。だから、今の私にとってベストな方法を教えても、あまり意味がないと思うの。」

これは、私が授業をしようと考える場合にも当てはまります。
少なくとも、複数の人に同時に授業することはできません。その人の性格やお金に関する姿勢などを確認しつつ、適切な授業内容を考えます。

ゆったり為替が得意とするトレード方法がありますが、不得意な方法のほうが多いです。スキャルピングは素人同然かもしれません。頭では理解していますが、性格が合わなくて勝てないのです。とはいえ、実戦ではいくつか得意な方法を持っていればそれで十分です。しかし、授業をするとなるとどうでしょうか。

実はスキャルピングは苦手なのに、いかにも勝っているような雰囲気でスキャルピングを教える・・・それはできません。

私の方法を受け入れてもらえそうな人にだけ授業をすることになります。
性格、お金に関する姿勢、資金量などを確認するところから始めて、実際に勝てるようになるまで(1年~2年くらい?)授業をすると考えると、授業のビジネスが割に合うかどうか怪しいです。

数日だけ教えておしまい!という授業はしたくありません。数日で勝てるようになるなら、苦労しません。

(3) FXで生活していることをどのように証明するか

お金を払って授業を受けようとする人から見れば、ゆったり為替は本当にFXで生活しているのか?を確認したいでしょう。しかし、それを証明する方法が難しいです。

トレード記録は公開したくないし、かといって普段のゆったり為替の生活の様子を見てもらうわけにもいきません。

・・・というわけで、現在のところ、広くFXの授業を実施するのは難しいという結論です。

→ FX教えて!という人に効果抜群だった魔法の言葉

-トレーダーの日常生活

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.