TRY(トルコリラ)

強制清算リスクのないトレード方法(トルコリラ/円)

投稿日:

(最終更新日:2015年12月2日)

今まで、トルコリラ/円(TRY/JPY)を買う場合の勝算について考えてきました。今回は、強制清算リスクのない方法でトルコリラ/円(TRY/JPY)を買う場合の利益を考察しましょう。 



「強制清算リスクがない」と言っても、発注ミスやFX会社の倒産など、リスクはあちこちに転がっています。今回は、「スワップポイントがプラスならば、円高で含み損が増えても強制清算されない」という意味で強制清算リスクがない方法を考えます。

例えば、こうです。

買値: 40.00円
スワップポイント: 115円(10,000通貨/日)
取引: 10,000通貨の買い
証拠金: TRY/JPY=0.00になっても耐える金額

スワップポイントは日々変化するのですが、何か値を決めないと計算できません。そこで、ヒロセ通商(LION FX)が提示する数字を採用しました。

そして、TRY/JPY=0.00になっても強制清算されない証拠金を準備すれば、超円高でもポジションを維持できます。この場合に得られる利益を考えましょう。

まず、TRY/JPY=0.00になっても強制清算されないために必要な証拠金を計算しますと、416,000円です。

1年間に得られるスワップポイントは、115円×365日=41,975円です。
1年間の利益率は10.1%です。 

スワップポイントは日々変動しますが、 ヒロセ通商(LION FX)の115円が1年間続くと仮定すると、10.1%です。

ということは、およそ10年間保有すると、スワップポイントが証拠金の額を超える計算になります。すなわち、「スワップポイントがプラスである限り、どんなに為替レートが下がっても負けることはあり得ない」状態になります。

およそ10年か・・・長いな!と思いました?預貯金金利で預金額と同じ額を得ようと思ったら、何千年かかるでしょう?「わずか」10年という表現で良いと思います。 

また、今回の試算は「TRY/JPY=0.00になっても耐える」という極端な例を使っています。もう少し穏やかなレートを設定すれば、もっと短い期間で証拠金と同じ額を得られる計算になります。

例えば、TRY/JPY=20.00になってもポジションを維持できる証拠金を準備すればよい、と考えたとします(今までの円高最高値はTRY/JPY=38円くらいです)。

この場合に必要な証拠金の額は216,000円です。1日のスワップポイントが115円だと仮定すると、1年間のスワップポイントは41,975円です。年率19.4%の利益です。5年間ポジションを維持すると、証拠金と同額だけスワップポイントを得られるという計算になります。

なお、この試算の欠点をあげるとするならば、将来のスワップポイントを一定額としている点です。スワップポイントは毎日変わるものですから、将来のスワップポイントの大きさは現時点で確定できません。このため、上の計算は試算としてご利用ください。
→ ヒロセ通商(LION FX)は、スワップ派でもデイトレードでもメリットあり!

<トルコリラ/円シリーズ>
→ トルコリラ/円の為替レート推移とトルコの政策金利
→ トルコリラ/円(TRY/JPY)を買う場合の勝算は?
→ トルコリラ/円を有利に取引できるFX口座
→ トルコリラ/円を取引する際のリスク
→ トルコの経済状況

-TRY(トルコリラ)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.