七福神6人はだれしも、自分は優秀だと思っているでしょう。特に、仕事について。

仕事上で何かトラブルがあると、「上司のあそこが問題だ」「あれが原因だ」という感じで、「自分のここがダメだ」と自ら反省するパターンは少ないと予想します。

そこで、自分は本当に優秀なビジネスパーソンなのかどうか、即断で判定できる方法を紹介します。 

問: 自分は優秀なビジネスパーソンだろうか?
その1: 今すぐ会社を退職しても、どこかの会社から声がかかって就職できる。
その2: 今すぐ会社を退職しても、自分で稼ぐことができる。
上のいずれにも該当しない場合、有能でないと判定します。ただし、この方法はゆったり為替が自分を判定するために使っていた方法であり、正確性や有効性を検証したわけではありません。

上の判定の意図ですが、会社内でどんなに地位が高くとも、どれだけ権限を持っていても、その会社の中だけの話だということです。会社の外に出てみれば、自分のビジネス上の価値が良く分かると思います。

第三者から見て自分が有能ならば、退職してもすぐに声がかかるでしょう。あるいは、退職する前にヘッドハンティングされるかもしれません。

または、有能ならば、会社の給料に頼らなくても自分で稼げるでしょう。

上の問いで有能でないと判定される場合、何が何でも会社にしがみついて生きる必要があるかもしれません。あるいは、これから人脈を作ったり自分の能力を高める必要があるかもしれません。

なお、この判定方法は、自分が従業員の立場である場合に有効だと思います。自分で会社を立ち上げて成功している場合は、既に十二分に有能だと思います。

**********

ゆったり為替の場合、その1の選択はありませんでした。というのは、仕事と私生活を区別し、仕事よりも自分を重視するスタイルを貫いたためです。

→ トレード資金がない場合の対応方法・・・ゆったり為替の場合

ゆったり為替は、その2を目指していました。結果としては実現したので良かったですが、実現できなければ、今も毎日電車に乗っていると思います。

仕事でどうしようもなく腹が立ってしまうとき、上の質問を自問していました。

そして、「自分に能力がないから現状があるのではないか?」「嫌ならすぐに退職すれば?でも稼げないでしょう?それは自分に能力が不足しているからだ」と自分に言い聞かせていました。

その後、「自分の能力を高めてやるぜ!」と、投資を勉強するエネルギーに変えていました。ゆったり為替には、残念ながらトレードの天才的能力がありませんでした。このため、こうして勉強するしかありませんでした。

→ FXの勉強で最も困難だったことは?
→ カテゴリー「トレーダーの日常生活