363176-2米ドル/円(USD/JPY)の値動きがざわついていて興味深いです。

ゆったり為替は米ドル/円(USD/JPY)の短期取引を得意としませんが、チャート確認は毎日実行しています。そこで、今までの様子と今週以降の見通しを考えます。

FX課長のホームページでサイクル注文の公開トレードをしています。米ドル/円(USD/JPY)で取引をしたのですが、値動きが怪しくてボックス相場が崩れる臭いを感じたため、結局少しの利食いで終了させました。

最新の日足チャートは以下の通りです。トライオートFXからの引用です。

usdjpy-chart-1

赤の補助線を2つ引いています。この間で値動きがありましたので、ボックス相場でした。そして、先週、円高方向に抜けました。矢印部分です。最新の数字では111円台前半に位置しています。

教科書的には、ここは売りで勝負でしょう。しかし、ゆったり為替は、ボックス相場から離れる動きで売買するのが好きではありません。というのは、ボックス相場から離れたと思っても、再び元の位置に戻ることが少なくないからです。

そこで、ボーっと眺めています。

とりあえず、円高に進む場合の目標値を算出しています。108円台半ばです。この数字まで円高になるかどうか分かりませんが、とりあえず、この辺まで来てもおかしくないだろうという感じで見ています。

では、この108円台という数字をどのように評価しましょうか。上のチャートで、昨年12月半ばの終値との差を見ますと、だいたい10円(1,000銭)です。この数字はいい感じです。

何が良いかと言いますと・・・過去記事「米ドル/円(USD/JPY)の見通し【2017年1月23日】」で確認した動きに似ているからです。2012年~2015年にかけての米ドル/円(USD/JPY)の円安局面で、途中でボックス相場になりました。そのボックス相場の幅が10円くらいです。

今回も似たような動きになると、トレードしやすいだろうなあと考えています。

米ドル/円(USD/JPY)は円安傾向にあるという長期見通しを引き続き維持します。