446305-1米ドル/円(USD/JPY)は昨年末の上昇が一服しています。そこで、現在の状況を確認しましょう。

チャートは全てトライオートFXからの引用です。最初に日足を確認しましょう。

最近はずっと円安傾向だったので、少し円高になるだけで大きな円高になったかのようなイメージになるかもしれません。しかし、昨年9月には100円くらいだったことを考えると、現在の114.5円というのはかなり円安の位置にあります。

usdjpy-chart-1

とはいえ、どこまで円高になるかなあ?というわけで、週足で確認してみましょう。

下のチャートは週足です。4週間連続で陰線だったことが分かります。週足で4週間連続で円高というのは、頻度が高いわけではありません。そして、4週連続の割には円高方向への動きは大きくないなという印象です。

しかし、チャート分析でいう「半値戻し」になると110円よりも円高になるかもな・・・なんて感じてしまいます。そこで、月足で考えてみましょう。

usdjpy-chart-2


下のチャートは月足です。ゆったり為替は月足が最も好きです。月足で見ると、確かに今月は円高ですが、大した動きには見えません。月足だからですが・・・。

usdjpy-chart-3


ゆったり為替がメインに考えている値動きは、下の矢印の通りです。この時は、いわゆるアベノミクス相場で円安になりました。2012年後半から2015年初めまでの様子です。

usdjpy-chart-4

現在は、第一の上昇が終了してボックス相場に移行しつつあるのでは?というのが、ゆったり為替の見立てです。すなわち、どこかで再び円安に動くんだろうなあ、と考えています。

というわけで、円高になったら少しだけ買い、さらに円高になったら少しだけ買い・・・という方法が考えられますし、ボックス相場になるという見立てが正解だと確認できてから少しずつ買うという方法もあるかな、と考えています。

ちなみに、予想が大外れの場合ですが、どこかで決済しようと思います。

昨年後半から細かく買ってきたポジション(平均建値105円)は117円台で全決済していまして、現在の細かな買いで買値平均は115円までジャンプアップしています。115円は円高だとは言えないので、円高になる場合は仕切り直しすると思います。

仕切り直しするということは、ゆったり為替の月足予想を撤回するということになります。すなわち、大幅に円高になるまで待つことになるだろうと思います。

→ ゆったり為替の米ドル円見通し:2017年の値動き予想
→ カテゴリー「米ドル/円(USD/JPY)