052159-2今週木曜日の値動きがどうなるか分からないから、今週のトレードはお休みにしようと決めていました。

昨日の値動きを見ると、この方針は正解だったのですが・・・

米ドル/円(USD/JPY)の1時間足チャート


昨日の米ドル/円(USD/JPY)の1時間足チャートを確認しましょう。トライオートからの引用です。

usdjpy-1hour-chart-20160428

FOMCの政策金利発表を乗り越え、ニュージーランドの政策金利発表も乗り越え、米ドル/円(USD/JPY)はこのまま穏やかに推移するか?という期待もあったのですが、日銀の政策発表を受けて一気に円高になりました。

上のチャートを見ると、午前10時台に111.883円を記録したと書いてあります。そして、その5時間後(15:00台)には108.061円とあります。

その差、382.2銭です。久しぶりの大きな値動きです。

日銀としては、迷惑な話かもしれません。経済状況を踏まえて、今回は維持で良かろうという判断になったのでしょう。しかし、追加で政策実施があるかもよ?という一部報道が前の週にあったために、市場の(一方的かつ勝手な)期待が膨らんでしまいました。
・追加緩和あるかもよ?の報道 → 一気に円安
・今回の日銀の発表 → 期待外れで一気に円高
マスコミ・・・。迷惑すぎます・・・。しかし、仕方ありません。これも相場です。


ちなみに、ゆったり為替は、今週のトレードはお休みしていました。何があるか分からないのでトレードするにはリスクが大きすぎると判断したためです。

結果として正解だったのでしょうが、一方でこんな感情もあります。

「あらかじめ米ドル/円(USD/JPY)を売っていたら・・・」
「自分にスキャルピングやデイトレードの能力があったら・・・」

今は、この手の感情はもうほとんど持たないようになりましたが、以前は強く感じていました。そして、デイトレードにチャレンジして撃沈。これを繰り返してきましたので、こういう感じの相場のときには傍観するようにしています。

→ 今週は重要指標発表が多いから、トレードしないで待ちます
→ 米ドル/円の円高トレンドは終わるか?それとも円高継続か?
→ 日足の裁量トレードだと、相場が急変すると辛い・・・。