118641-2しばらく相場について書いていませんでしたが、米ドル/円(USD/JPY)で動きがありました。

ボックス相場の嫌な展開でしたので、確認しましょう。 

下のチャートはトライオートからの引用です。米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートです。どこが嫌な動きかといいますと・・・

20160330usdjpy-1

下の矢印部分です。2016年3月17日と書いてあります。ゆったり為替はこの種の値動きで何回も損切りを経験してきたので、ボックス相場から離れるタイミングを狙うトレードが好きではありません。

20160330usdjpy-2

もう少し具体的に書きますと、ボックス相場がしばらく続いた後に上または下方向に抜けると、為替レートはその方向に継続的に動きやすいと言われます。しかし同時に、再び元のボックス相場の方向に戻ってしまう確率も小さくありません。

この、元のボックス相場の方向に戻ってしまう動きを「ダマシ」ということもあります。

今回の米ドル/円(USD/JPY)の動きはダマシという表現がぴったりでしょう。3月17日に円高方向に抜けた!・・・と思ったら、その後7営業日連続で円安になっている様子が分かります。

しかし、元のボックス相場の上限を抜けてはいません。そこで、再びボックス相場の上または下方向のどちらかに抜けていくのを待つことになります。

気のせいかもしれませんが、米ドル/円(USD/JPY)はこのダマシが多いような気がします(他通貨と詳細に比較したわけではないので、ただの感覚です)。ゆったり為替が米ドル/円(USD/JPY)のトレードを好まない理由の一つがこれです。

→ ゆったり為替が米ドル/円(USD/JPY)のトレードを好まない理由
→ 2016年為替予想!米ドル/円(USD/JPY)の見通しは?