考える女性昨年11月から今月にかけて、全般的に円安傾向と言えるでしょう。しかし、トルコリラ/円(TRY/JPY)は他の通貨ペアと異なる動きをしています。

すなわち、円高です。

そこで、トルコリラ/円(TRY/JPY)に何が起きているのか確認しました。 

トルコ中央銀行のページを見ると、差し迫った状況は見つかりませんでした。インフレレポートがあったり、今年の物価目標があったり。確かに、現在のトルコ経済は厳しいかもしれませんが、ここ数日の円高を説明する材料にはならないと思います。

次に、CNNやBBCを確認しました。同時に多数の人命が失われる事件がいくつか報道されていました。しかし、昨年のクーデター並みの大きな事件や事故の報道はありませんでした。

キプロスやロシアとの関係も報道されていましたが、ここ数日の話ではありません。大統領に権限を集める云々という話もありましたが、これも為替動向を説明するには弱いように見えます。

・・・こうして報道を改めて確認すると、トルコは本当に大変な状況にあるんだなと分かります。


結局、今は円高トレンドの中で一時的に振れ幅が大きくなっているのでは?と思います。再び円安に回帰する可能性もありますが、ニュースを見聞きした印象では、円を売ってトルコリラを買おうという気にはなかなかなれないように思います。

日足チャートを確認しましょう。トライオートFXからの引用です(2017年1月10日午後時点)。

tryjpy-daily-chart

日足チャートを見ると、何かあったのかな・・・と思ってしまいます。ボックス相場から下方向に抜けていっただけのようにも見えます。次に、週足チャートを確認しましょう。

tryjpy-weekly-chart

週足を見ると、今だけ大きな円高というわけではありません。中期的に続く円高トレンドの一部にしか見えません。というわけで、ここ数日の円高は、何か特別なことが起きたのではなく、円高トレンドが継続しているのだろうと思います。

正直なところ、あまりに円高が続くのは面白くありません。そろそろ反転してほしいですが、成行を見守るしかありません。

ゆったり為替はトルコリラ/円(TRY/JPY)で公開トレードをしていますが、買いです。このため、含み損になっています。ただし、強制ロスカットになるレートはトルコリラ/円(TRY/JPY)=20円くらいですので、まだ余裕があります。

→ 「円高大歓迎なトラリピ」でリアルトレードします!
→ トラリピ実践記録:トルコリラ/円(2016年11月5日)
→ トルコリラ円のスワップ派実戦トレード(FX究極のスワップ派)