088708-2トルコリラ/円(TRY/JPY)を取引できる会社は少なく、それもあってか業者間競争は比較的落ち着いているように見えました。

しかし、SBIFXトレードとFXプライムbyGMOの参入により、かなり熱い通貨ペアになってきたように見えます。

そこで、トルコリラ/円(TRY/JPY)に強い3社をピックアップして比較しましょう。 


スワップポイントの王者: ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商(LION FX)のトルコリラ/円(TRY/JPY)と言えば、何といってもそのスワップポイントの大きさが売りです。下のキャプチャはヒロセ通商(LION FX)ホームページからの引用です。

tryjpy-lionfx

ゆったり為替の姉妹サイト「FX究極のスワップ派」では、そのあまりにも高いスワップポイントを利用した公開トレードを実施中です。

公開取引のレバレッジは2倍に満たない数字なのに、証拠金比のスワップポイントは年率20%を超える勢いです。

また、スプレッドは4.9銭です。固定スプレッドを提示する会社の中では、圧倒的に狭い数字でした。よって、「トルコリラ/円(TRY/JPY)ならヒロセ通商(LION FX)」という図式も可能だったでしょう。

→ ヒロセ通商(LION FX)はスワップ派でもデイトレードでもメリットあり!

しかし、ここに強敵が出現しました。SBIFXトレードです。



スプレッドで勝負!SBIFXトレード

2016年11月14日、SBIFXトレードがトルコリラ/円(TRY/JPY)の取り扱いを開始しました。1通貨から取引可能という独特のFX業者です。

そして、興味深いのはスプレッドです。下のキャプチャをご覧ください。SBIFXトレードのホームページからの引用です。

tryjpy-sbifx

トルコリラ/円(TRY/JPY)のスプレッドが4.8銭になっています。これはどう見ても、ヒロセ通商(LION FX)を意識した数字でしょう。そうでないと、4.8銭の設定は不自然な気がします。

SBIFXトレードが、ヒロセ通商(LION FX)の牙城を崩しにかかりました!さて、これに対してヒロセ通商(LION FX)はどのように対応するでしょうか。

とても興味深いです。

→ SBIFXトレードはスワップ派から見て、どれほど強力なのか?(FX究極のスワップ派)



スプレッドの狭さなら「くりっく365」

スプレッドの狭さを紹介する場合、どうしても固定スプレッドのほうが紹介しやすいです。××銭です!と明示できるからです。しかし、固定スプレッドでなくても、スプレッドが狭ければいいんです!というわけで、くりっく365の紹介です。

tryjpy-click365

上のキャプチャは、くりっく365ホームページからの引用です。

2016年7月の実績値で、ヒロセ通商(LION FX)やSBIFXトレードよりも狭い4.3銭をたたき出しています。しかも、これは「平均」です。取引チャンスを選んで約定させれば、もっと狭いスプレッドも可能ということになります。

なお、キャプチャの左側に「手数料無料(※一部取引参加者を除く)」と書いてあるのが少し気になるかもしれません。

「くりっく365」は公設的な取引市場で、20社近くの業者で取引可能です。業者の中には、取引に手数料が必要なところ、不要なところがあります。同じ商品を取引できるのですから、手数料は無料の方が良いです。

というわけで、当ブログでは取引手数料無料のGMOクリック証券をご案内しています。

GMOクリック証券【くりっく365】の口座開設はこちらから


→ ヒロセ通商(LION FX)はスワップ派でもデイトレードでもメリットあり!
→ SBIFXトレードはスワップ派から見て、どれほど強力なのか?(FX究極のスワップ派)