237423-2トルコで発生した軍事クーデターは、トルコの政治的安定性が万全でないことを改めて示しました。

ゆったり為替が姉妹サイト「FX究極のスワップ派」 で実行しているトルコリラ/円(TRY/JPY)のリアルトレードは、今後も継続します。

政治的不安定性は想定内


新興国は先進国と比較して、政治的・経済的安定性は今一つと評価せざるを得ません。先進国では想定しづらいことが発生しうると考えて投資すべきでしょう。

よって、今回のクーデター発生によって、ゆったり為替のトルコに対する評価が変わることはありません。

今回の事象を踏まえて、政治的・経済的安定性が改善されるのか、あるいは不安定化するのか。情報収集しながら、このあたりを考えていきたいと思います。


トルコリラ円の投資を排除する必要もなし


今回の事態を受けて、トルコリラ円に投資するのはやめようと考えるのはアリだと思います。新興国通貨という分類で考えて、南アフリカランド円への投資も見送ろうというのもアリだと思います。

しかし、検討する前から拒絶する姿勢はやめた方が良いと考えています。検討してみて、その結果で考えるということです。

情報を見て考えることなく拒絶する姿勢でいますと、視野が次第に狭くなってくる可能性があります。

世界経済には様々な行動主体があり、それぞれが関連しています。トルコや南アの情報を遮断していると、トルコ等がきっかけとなって欧米が動くときに、状況を理解するのに時間がかかってしまうかもしれません。

何が起きているのか分からないけれども、相場が大きく動いている・・・こうなったら、冷静にトレードするのはとても難しくなります。

また、「今だったら低リスクで期待値の大きな投資ができるでしょう!」という場面がやってきても、それに気づかないまま時間が過ぎてしまいます。


こういったことが起きてしまうのはもったいないので、投資する・しないにかかわらず、情報だけは入手しておきましょう。

ゆったり為替は、引き続きトルコリラ/円(TRY/JPY)をトレードすることにより、高いスワップポイントを毎日ゲットする予定でいます。そして、何年か経過したら、「どんなに円高になっても決して損しないトレード」になることを目標にしています。

→ トルコリラ/円(TRY/JPY)の長期為替レート予想
→ トルコで軍事クーデター(?)が発生した模様