ダンスねこ円高になると、金利水準は同じでもスワップポイントの大きさを維持するのは難しくなります。

しかし、ヒロセ通商(LION FX)のトルコリラ/円(TRY/JPY)はずっと115円(10,000通貨あたり)を維持しています。エライ! 

トルコリラ/円(TRY/JPY)の週足チャートを確認


では、トルコリラ/円(TRY/JPY)の週足の様子をチャートで確認しましょう(LION FXのチャートから引用)。スワップポイントの推移を考えるには日足チャートでは期間が短すぎるでしょうから、週足です。

tryjpy-20160429

どう見ても円高トレンドにしか見えません。ただ、チャート左半分と比べて、右側は円高になる速度が明らかに減速していることが分かります。

米ドル/円(USD/JPY)の円高トレンドが終わらないうちは、トルコリラ/円(TRY/JPY)の上昇を期待するのは難しいかもしれません。しかし、相場はいつまでも一方向に動くわけではなく、いつかは反転するでしょう(期待)。

ゆったり為替は、米ドル/円(USD/JPY)の反転時期を今年6月~来年初めのどこかとみています。早ければ今年6月ごろに円高トレンドが終わるとみていますので、トルコリラ/円(TRY/JPY)にはこのままもう少し頑張って欲しいところです。


円高になるとスワップポイントが小さくなる理由


ここで、円高になるとスワップポイントが小さくなる理由をざっと確認しましょう。

金利差: 3.65%
為替レート: 100円

このような通貨ペアがある場合、単純に計算すると1日当たりのスワップポイントは100円になります。

計算式: (100円×10,000通貨×0.0365)/365日

今、金利差が同じで為替レートが50円になったとしましょう。この場合で計算しますと、スワップポイントは50円になります。すなわち、円高になるとスワップポイントは小さくなります。

しかし、ヒロセ通商(LION FX)のトルコリラ/円(TRY/JPY)は、ずっと115円を維持しています。かなり無理して115円を提示してくれている可能性があります。しかし、このまま頑張ってほしいです。

→ ヒロセ通商(LION FX)はスワップ派でもデイトレードでもメリットあり!
→ トルコリラ/円(TRY/JPY)の取引状況を確認-くりっく365-
→ トルコリラ/円(TRY/JPY)はいつ円安トレンドに転換するか?
→ ゆったり為替のトルコリラ/円:スワップ派トレードの状況は?