286731-2何でもかんでも賭けの対象にしてしまう、イギリスのブックメーカーです。

そこで、トランプ大統領について何かやってるかな?と確認したところ、さすがブックメーカー・・・という賭けがありました。

賭けの内容: トランプ大統領は、第1期の任期終了を待たずに大統領の座を降りるか? 

下のキャプチャは、oddschecker.comからの引用です。表を見やすいように一部修正しています。

bet
 
Noとはすなわち、4年間の任期を全うするということです。Yesは途中で辞任などがあるという場合です。任期を全うするというオッズは4/7、すなわち、1.57倍です(掛金プラス4/7倍)。一方、途中で辞任するというオッズは2.25倍です。

かなり接戦ですね・・・。4年間の任期を全うする確率の方がもっと高いと思うのですが。 実際はどうなるのか分かりませんが・・・。 

実際にどのような政策をするのかについては、その時が来るまで分かりません。発言や政治主張の好き嫌いでなく、その実行力という点で見ると、トランプ大統領は仕事がとても速いです。

・ TPP脱退!と主張し、就任直後に行動開始
・ 雇用を米国に取り戻す!と主張し、自動車産業は雇用を米国の外に持っていきづらい
・ ソフトバンクから巨額の投資をゲット

さて、今後どうなるでしょうか。ゆったり為替は何もできませんので、ただ推移を見守ります。そして、それをトレードに反映させます。法人税の大幅引き下げは本当に実現するんでしょうか。仮に実現すると、世界を巻き込んだ巨大な好景気が実現するかも。

しかし・・・予断はできません。ただ、成行をじっと見守ります。

トランプ大統領の行動力はすごいな・・・と思いつつ、ゆったり為替はその行動力をマネしようと思いません。味方も敵も両方とも大幅増になりそうです。タフな精神力がないとキツイです。今のままで満足です。