083585-2トライオートETFの銘柄数は30に満たないです。よって、FXと同じようにズラッと画面に並べても良いのですが、検索機能が充実しています。

そこで、トライオートETFの銘柄検索方法を確認しましょう。 

下のキャプチャは、トライオートETFからの引用です。トライオートETFはトライオートFXと似ているので、取引画面もそっくりです。違いは取引対象です。

今回は銘柄検索をしますので、赤で囲った「銘柄リスト」をクリックします。

triautoetf-1


すると、リストがズラッと並ぶのですが、その一番上にメニューが出てきます。ゆったり為替は長期保有で収益が継続的に得られる取引が好きなので、「分配金ねらい」をクリックしてみます。

triautoetf-2


すると、分配金が高い銘柄が出てきました。下のキャプチャは縮小していますので文字が読めないですが、実際は読みやすいです。

triautoetf-3


分配金が高い銘柄の中で最も高いのは・・・「iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ETF」です。この記事を書いている時点で、年利回りは5.22%でした。

ゆったり為替は実は債券投資が好きなのですが、あまりに金利が潰れていて全く取引していません。何年も前にソフトバンク債を買って以来お休みです。年利5%超の債券があったら、すぐに財務諸表を調べたいところです。

さて、話を戻しまして、米ドル建てハイイールド社債ETFの銘柄を詳しく見てみましょう。銘柄説明の上にマウスポインタを置くと、選択した銘柄部分が黒くなり、選択肢が3つ出てきます。

triautoetf-4


下は、その選択肢部分をキャプチャしたものです。これは原寸大の大きさです。「銘柄詳細」をクリックしてみます。

triautoetf-5


すると、選択した銘柄の詳細を確認できます。下の画面ではチャートがちょっとショボいのでは・・・という感じがします。しかし、大丈夫です。取引画面ではトライオートFXと同様のチャートを使えます。

triautoetf-7


ちなみに、「銘柄詳細」でなく「自動売買」をクリックした場合は、下の画面になります。トライオートFXと似ています。新しく1から操作方法を勉強する必要はないということです。

triautoetf-6

銘柄の紹介や、その銘柄を使ったトレード例について、時折ご紹介していこうと思います。

→ トライオートの口座開設はこちらから


→ トライオートETFの特徴:くりっく株365を比較
→ トライオートがETFの世界に進出!
→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット