082231-2ブログ「FXリアルトレード道場」をリニューアルして1か月以上経過しました。そこで、ブログの人気ページを確認しましょう。

新しい記事は、掲載してから時間があまりたっていないので不利です。しかし、そこは脇に置きましょう。

人気1位: 月別成績詳細

トレードするからにはやはり、毎月の成績が気になります。「月別成績詳細」はブログのトップページ右上からいつでも閲覧できる状態になっています。

ここでは、損益の推移グラフや、実際の獲得額、含み損益、複利運用ポジションの数など、1円単位で詳細に成績を報告しています。

ただ、複利運用などは「何円で何通貨発注しました」という詳細情報を書いていません。これを書くと、時間の経過とともに情報量が増えすぎてしまい、かえって読みづらくなると思うためです。


なお、当ブログでは、含み損益もバッチリ公開します。

リピート系注文は、当然のように含み損が発生します。値動きによっては含み損が巨大になるというトレード手法ですので、含み損益の表示も必要だと思います。

円高になると、リピート系注文で大損!という趣旨のネタがインターネット上で増えるようです。また、当ブログでもリピート系の損に関する記事へのアクセスが増えます。

これは、含み損の怖さを過小評価して取引してしまった結果でしょう。

「FXリアルトレード道場」では、証拠金の増加に加えて評価損益の状況も公開します。両者の関係をグラフで視覚的に確認していただきたいと思います。時間が経過すればするほど、円高に対する抵抗力がアップします。

と書きつつ、当ブログのトラリピ公開トレードでは含み損を公開していません。取引報告書で含み損データが得られなかったためですが、トラリピの公開取引は「円高歓迎」です。含み損になっても大丈夫なのでまあいいかな・・・という感じです。

→ 月別成績詳細


人気2位: トライオートFXを使った当ブログの取引設定

成績を確認したら、次は「どのような設定なんだろう?」と確認する流れでしょう。そして、「えっ・・・こんなに広い範囲に設定するの?」と驚くという感じだと思います。

これだけ広い範囲に注文を出す理由は、トライオートFXを使ったこの取引の目標が「年金・老後・失業の不安に対抗」だからです。

歳をとってからも裁量トレードができるか?と問われれば、難しいと思います。瞬発力や判断力の衰えもあるでしょうし、歳をとってから資金を減らすリスクを積極的にとれるか?という問題もあります。

裁量トレードができるのは現役世代だからでしょう。すなわち、「負けても働けばいいや」ということです。また、病気で動けない時にトレードなんて無理ですし、失業で落ち込んでいるときにトレードする気になれません。

トライオートFXの取引は、こういうイザというときにありがたさを実感できるようにしたいと思います。

→ トライオートFXを使った当ブログの取引設定(FXリアルトレード道場)
→ トライオートFX:永続的に利食いを繰り返す取引の全体像