118670-2FX各社でトレードバトルが開催されています。トレードバトルとは、自分の資金を実際に使ってトレードし、成績上位者に賞金を授与するというものです。

そこで、上位に入賞すること「のみ」に的を絞って、これを実現する方法を考察します。

成績上位にはいること「のみ」に的を絞るとは?


各社のFXトレードバトルで利食い幅(pips)が大きかったり、獲得金額が大きかったりすると、賞金をもらえたりホームページ上に順位が掲載されたりします。

そこで、実際の損益は脇において、とにかくホームページ上に自分の名前を掲載してもらいたい!賞金が欲しい!これを狙います。

ただし、まともにFXでトレードすると上位に入るのは大変です。そこで、正面から相場と対峙せず、ちょっとズルいトレードをすることによって上位入賞を狙います。


成績上位に入る方法


準備するもの: トレードバトルを開催しているFX業者(2社)の口座

トレード方法:

一方の口座で、例えば米ドル/円(USD/JPY)を買います。10万通貨などまとまった数量で買わず、1,000通貨×100トレードという感じで、とにかく細かく数多く買います。

もう一方の口座では、その逆をトレードします。すなわち、米ドル/円(USD/JPY)を「売ります」。こちらも同様に細かく数多く売りますが、二つの口座で取引数量が同じになるようにします。


その後、時間が経過します。どちらかのトレードバトルの期限が来たら、もう一方も決済します。すると、どちらかのポジションで大きく利食いできている可能性があります。よって、利食い額または利食い幅(pips)のいずれかまたは両方で上位を狙えます。

なお、途中でどちらかが強制ロスカットになる場合も、もう一方のポジションを利食いします。あらかじめ強制ロスカットになるレートを計算しておいて、そのレートでもう一方のポジションを利食いするように指値注文すれば楽でしょう。


・・・この方法ですと、合計で少なくともスプレッド分だけ損失を計上します。しかし、獲得pipsの勝負では上位に入る可能性があるでしょう。

また、「トレードバトルで上位に入ったよ~!」と満足に浸ることができるかもしれません。

こんなことして何になるか?と問われると困りますが、上位に入ること自体は難しくないかも?というネタでした。

→ 「ロスカット等未収金発生状況」から、あるトレード方法が浮かび上がる
→ ピラミッディングはメリットもデメリットも大きいが、価値あり!