215535-2当ブログのリアルトレードでは、30万円の資金でトルコリラ/円(TRY/JPY)のトラリピを開始しました。

では、ゆったり為替と異なる設定の場合、必要な証拠金はいくらでしょうか。 

ゆったり為替のトラリピ設定は、以下の通りです。

以下の通り、34.6円から40銭ごとに買い下がります。買い数量は1,000通貨、利食い幅は40銭です。

 34.6円
 34.2円
 33.8円
  ・
  ・
  ・

そして、20.2円まで買います。20.0円になっても強制ロスカットにならない証拠金として、31.5万円くらい必要です。ただし、いきなり20円になることはないでしょう!という理由から、実際に投入した金額は30万円です。

毎日はリピートしてくれない設定ですが、1年間を通してみると、いい感じの収益率では?と予想しています。

しかし、予想に過ぎないので、実は散々かもしれません。すなわち、2週間も3週間も全然リピートしないよ・・・という状態があるかもしれません。

そこで、トラップを20銭ごとに設定するとします。以下の通りです。

 34.6円
 34.4円
 34.2円
  ・
  ・
  ・

こうすれば、トラップの数が2倍になります。利食い幅を20銭にすれば、どんどんリピートしてくれる可能性があります。もちろん、こちらの設定の方が楽しいと思います。

問題があるとすれば、必要な証拠金です。

トルコリラ/円(TRY/JPY)=20.0円になっても大丈夫な証拠金が2倍になります。すなわち、63万円くらいです。30万円と60万円では、ずいぶん違います。

また、トルコリラ/円(TRY/JPY)=20.0円くらいまで考えておけば十分かな?という予想に基づいています。実はこの予想が間違いであり、15円まで突き進むかもしれません。その時に証拠金を追加投入する必要があるかもしれません。

そう考えると、リピート頻度を上げたいから20銭ごとにトラップを仕掛けよう!と考えるのは危険かもしれません。


今回のトラリピ設定は、多くの皆様が投入している証拠金額よりも小さいかもしれません。その理由は以上の通りです。本当は20銭ごとのトラリピの方が楽しいですが、あえて40銭にしています。

年間収益率予想を見ても、40銭で十分ではないかなあ?という感じがします。投入可能な証拠金はいくらか?これが、取引設定に大きく影響すると思います。

ゆったり為替の「円高大歓迎!なトラリピ!」設定:
通貨ペア: トルコリラ/円(TRY/JPY)
トラップ範囲: 20.20円~35.00円(当座)
売買: 買い
1取引の数量: 1,000通貨
トラップ幅: 40銭
利食い幅: 40銭
必要証拠金: 31万円強(トルコリラ/円=20.00円でも耐える金額)
取引開始日: 2016年8月16日

→ 「トラリピのM2J」口座開設はこちらから


→ 「円高大歓迎なトラリピ」を実行できる通貨ペアはどれ?
→ トラリピの位置づけ:裁量トレード不振時の安全弁に最適かも
→ 「円高大歓迎なトラリピ」でリアルトレードします!
→ トルコリラ円のトラリピ:リピート頻度予想
→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット

レポート関連記事:
第1回: トレード手法『円高大歓迎!なトラリピ(R)~トルコリラ円』ついに完成。
第2回: このトレード手法のメリット
第3回: 成功するために重要なこと
第4回: このトレード手法のデメリットとリスク
第5回: まとめ、皆様へのメッセージ
ご確認ください: 特製レポートの獲得方法
番外編: 実際のところ、トラリピの収益率はどうなのか?