066277-2ゆったり為替は第5回トライオートFXグランプリに参戦していないため、久しぶりの投稿になります。

この間、何もしていなかったわけではなく、トライオートのホームページを眺めていました。第5回の戦況をざっくりと確認しましょう。 

下のキャプチャは、トライオートのホームページからの引用です。戦うぞ!という感じが出ています。

201603-tagp-5th

成績上位は、相変わらず好成績を収めています。第1回~第4回と比較しても遜色ありません。利益額が100万円を超えている人数が比較的多いです(2016年3月24日時点で17名)。

成績上位者がどの通貨ペアでトレードしているのか不明ですが、今回のグランプリ期間(2月以降)は円高トレンドでした。そこで、円買いして上手にトレンドに乗れた人が上位に来ていると予想します。


成績上位者の特徴を確認


今回のグランプリから、裁量トレード(マニュアル注文)とAP注文それぞれで成績上位の様子を見られるようになりました。今までは合計額だけでした。

そこで、マニュアル注文の成績上位者5名と、AP注文等の成績上位者5名の様子を確認しましょう。キャプチャはトライオートのホームページからの引用です。


マニュアル注文の上位者の成績:

20160324tagp-manual

AP注文等の上位者の成績:

20160324tagp-ap

マニュアル注文の方が利益額が大きくなっています。この理由を考えてみます。

理由: 取引数量?

マニュアル注文は一点集中で大きな数量を取引できるのに対し、AP注文等は複数の取引を広い範囲に分散させることが多いと予想します。

すると、一点集中の読みが当たれば、マニュアル注文の方が好成績になります。取引を分散させたAP注文等は、このような一点集中の爆発力はありません。しかし、広く分散して取引できるというメリットがあります。

**********

ゆったり為替としては、一点集中でトレードを成功させる能力が乏しいので、マニュアル注文の成績は正直なところ参考になりません。AP注文等を使った場合に、プラスの成績を残している人数がマニュアル注文と比べてどれだけ多いか?に興味があります。

今回はゆったり為替は参戦していないので、このデータを拾えそうもありませんが・・・。インヴァスト証券が何らかの分析記事を出してくれると思いますので、それを待ちたいと思います。 

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット
→ マンスリーレポートには参考になる情報が盛りだくさん(トライオート)