498592-1当ブログでは、シストレ24のフルオートを様々な角度から眺めてきました。

今回は、最も優秀なフルオート設定のひとつ「金の卵トップ1実現T50」について調査しましょう。

下の損益曲線をご覧ください。金の卵トップ1実現T50のバックテスト結果です。少しマイナスに沈んだ時期がありましたが、おおむね右肩上がりの推移だと分かります。

では、このグラフの裏側、すなわち取引の様子はどのような感じだったでしょうか。

kin-egg-1


下の表は、ストラテジーの入れ替え履歴です。金の卵トップ1実現T50は、ストラテジーを毎週入れ替える設定です。このため、表の一番左「入れ替え日」は毎週の日付が表示されています。

kin-egg-2

上の表で、採用されたストラテジー名を見てみましょう。

ストラテジーを毎週入れ替えるといっても、同じストラテジーが続けて採用される場合があることが分かります。表の中ほどにある「MultiAgent」は1か月半くらい稼働し続けました。

MultiAgentの取引通貨ペアはポンド/円(GBP/JPY)です。そして、稼働したのは2016年6月11日~2016年7月23日・・・この時期はイギリスの国民投票を挟んだ時期です(国民投票は6月23日)。

裁量トレードで攻めるにはかなり難しい通貨ペアと時期だと思います。しかし、シストレなので感情はありません。淡々と取引をしたことでしょう。

この時期の損益状況を一番上のグラフで確認しますと・・・大きく利益を伸ばしています。さすがシストレです。裁量トレードでも可能でしょうが、トレードするにはあまりに難しい時期だと思います。



最後に、実際の取引履歴を下の表で確認しましょう。

kin-egg-3

一番左が取引開始日です。上からざっと眺めますと、いくつかのことが分かります。

・ 1日の取引回数は多くない
・ 何日も取引しない場合がある

シストレで自動トレードをすると、毎日のようにトレードしてくれると期待してしまいがちです。しかし、例えば、9月8日(木)~9月12日(月)にかけて取引が1回もありません。土日を考慮しても、3営業日にわたって取引しなかったということになります。

取引がなくても、じっと待ちましょう。

→ シストレ24の口座開設はこちらから


→ 【もくじ】シストレ24
→ ストラテジー入替作業不要!シストレ24「フルオート」登場
→ フルオートのデメリット(?)への対処法
→ バックテストの仕組み