286717-2シストレ24のフルオートでストラテジーを選ぶ場合、その基準は「好調」だったり「利益更新」だったり、プラスの内容で選ぶことが多いと予想します。

そこで、その逆をしてみました。 すなわち、「不調」「連敗更新中」と言ったマイナスの内容を基準にしてストラテジーを選びます。

結果はどうだったでしょうか。 

今回の設定は以下の通りです。ここに書いていない内容については、すべて初期設定のままです。

最大ストラテジー数: 1
ステータス(or検索): 不調
ステータス2(or検索): DD更新、連敗更新中、連敗タイ記録

DDとは、最大ドローダウンのことです。4つのステータスを選択していますが、どれも悲惨な内容ばかりです。この内容でバックテストをした結果、以下の通りでした。

fullauto-fucho

ん・・・。悪くない・・・。と言いますか、好調と言ってよいのでは?

よく見ると、ある時にドカンと成績が上がってその後は損益ゼロくらいで推移し、再びドカンと上昇する、そんな様子が見えます。

この損益推移ですと、気持ちが少し落ち着かないかもしれませんが、良好な成績と言えるでしょう。

ストラテジー選択基準はどれもマイナスの内容ばかりでした。しかし、バックテストをしてみると結果は好調。理由を確実に当てることは難しいでしょうが、このような事象が出てしまう理由を考えてみます。


適当に作ったストラテジーではない


理由の一つとして挙げられそうなのが、「ストラテジーは素人が適当に作ったものではなく、プロが作り、審査を経て採用されたものである」です。

すなわち、相場状況によっては成績が悪くなることもあるだろうけれど、相場状況の好転とともに成績も良くなる・・・ということです。

イメージにすると、こんな感じです。

bad-strategy

上の図で、「ここで採用」の位置までは悲惨な成績です。最悪を更新しています。しかし、適当に作ったストラテジーではありませんので、下落し続ける、または上昇し続けるという成績はなかなかないでしょう。

そこで、最悪を更新したときに採用したところ、そこが成績の底だった・・・というパターンです(ただし、これは予想であって根拠があるとは言えないのですが)。

私たちユーザーはストラテジーの中身を見ることができませんので、これは予想にすぎません。しかし、フルオートを作るとき、「いい条件だけを揃えてフルオートを作る必要はない」という可能性を示してくれています。

では、ゆったり為替は、今回の条件で作ったフルオートを実際に使ってトレードできるか?と問われれば、かなり難しいです。

いくら成績が良いとはいえバックテストの成績です。安心して毎日を過ごしたいので、選択条件はプラスの内容を中心にしたいな・・・と思います。

ただし、「フルオートで好調な設定を探す」シリーズの第2回や第3回のように、好調な内容をメインにしながらも不調な選択肢を採用するというのは、合理的だと思います。

→ シストレ24の口座開設はこちらから


→ 【もくじ】シストレ24
→ フルオートで好調な設定を探してみた(その1)
→ フルオート設定方法【簡単に始める編】
→ ストラテジー入替作業不要!シストレ24「フルオート」登場