FXゆったりトレード派

のんびりFXトレードすることを目指すブログです。

リピート系全般

リスクを抑えたリピート系注文【手法編】

461637-1前回、リスクを抑えたリピート系注文の背景等についてご案内しました。円売りのリピート系注文の最大の敵は、円高だと思います。 

そこで今回は、円高リスクを抑えるリピート系注文の手法をご案内します。 続きを読む

リスクを抑えたリピート系注文を公開します【背景編】

332048-2ゆったり為替は、いかにしてストレスなく長期に利食いを継続できるかについて考えています。というのは、年老いてからも裁量トレードをして収入を得るのは無理があると思うからです。

そこで、リピート系注文に注目していますが、強烈なデメリットがあります。今回は、そのデメリットを抑えた手法を公開します(おそらく5回シリーズ)。続きを読む

リピート系注文?トラップ系?それとも、自動リピート型注文?

363176-2FXブロードネットが、ホームページをリニューアルしました。以前よりも大幅に視覚に訴える作りになっており、見やすくなっています。

トップページを眺めていて、ふと気づきました。 続きを読む

勝っている人のリピート系取引はどんな感じか?を予想

rakuraku『FXらくらくトレード新入門』の著者、高城泰さんへのインタビューで、成功しているデイトレーダーもリピート系取引をしているという情報を得られました。

そこで、どんな方法でリピート系取引をしているのか考察してみます(具体的な手法は不明なので、予想です)。 続きを読む

トライオートが手数料引き下げ!トラリピとループイフダンの3つのうち、どれが有利?

242466-2先日、トライオートがAP注文取引手数料を大きく引き下げました。そこで、一つ疑問が出てきました。

トライオート、トラリピ、ループイフダン。どれが一番お得何だろう・・・と。ざっくりと概観しましょう。 続きを読む

永続的に成功できるように頑張るぞ!・・・なトラップ系の取引

円高が少し進むと、「大損」という感じのキーワードで当ブログを訪問される方が増えてきます。

この状態を改善し、何とかして勝利を目指していただくために、姉妹サイト「FX究極のスワップ派」を作成しました。

上のリンク先の記事では、トラップ系の取引についても触れています。そこで今回は、ひとたび設定すれば永続的に稼いでくれる?なトラップ系の取引を目指す記事を作成しました。 続きを読む

トラリピ、トライオート、ループイフダンの違い


相談:
トラリピ、トライオートとループイフダンに興味があります。しかし、その差が良く分かりません。細かい仕組みの説明は必要ないので、スプレッド、通貨ペアの種類など基本的なところで一目で分かるような比較をしてくれませんか?あと、どの場合にはどれが有利だといった話も書いてもらえるとうれしいです。


回答:
トラリピ、トライオート、ループイフダン。確かに、違いは分かりづらいです。トラリピは特許商品ですから、トライオートとループイフダンはトラリピとは明らかに異なります。

しかし、相談にもありますように、トレードする側から見れば小さな違いかもしれません。そこで、分かりやすい部分でこの3つを比較しましょう。

1. 取引コスト、通貨ペア、取引の容易さ

下の表をご覧いただきながら説明しましょう。トラリピ及びトライオートは2015年1月から商品性が新しく変更されます。ここでは、新しくなったサービスで比較します。
3社比較1
(※)取引によっては1位にも3位になる場合もある

(1) 取引コスト
取引コストとは、スプレッドと取引手数料の合計です。ループイフダンがおそらく1位でしょう。「おそらく」の理由ですが、トライオートは1回の取引量によって手数料が異なるためです。

一回の取引量が多額ならばトライオートが1位になる場合がありますが、多くの個人投資家は小さな取引を数多くすると予想します。そこで、ループイフダンを1位としました。

また、少ない取引数量で利益幅をとても小さくすると、トライオートはトラリピよりも手数料が大きくなる場合があります。通貨数量と手数料の関係を表にすると複雑になりますので今回は掲載しませんが、事前に手数料を比較する必要があるでしょう。

利益が数十銭程度以上ならば、トラリピよりもトライオートのほうが手数料が安いです。

(2) 通貨ペアの種類
取引コストが最も小さいループイフダンですが、取引可能通貨ペアは4種類(米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円)です。最も種類が多いのはトライオートです。

よって、コストの小ささの面で判断すれば、4通貨ペアで取引するときはループイフダン、ループイフダンで取引できなければトライオートとなります。ただし、トラリピはトルコリラ円(TRY/JPY)と香港ドル円(HKD/JPY)の取引が可能です。この2通貨ペアで取引したい場合は、トラリピとなります。

(3) 設定の容易さ
とにかく簡単に取引を始めたいならば、ループイフダンでしょう。なぜなら、あらかじめ取引可能な設定が定められており、ユーザーは選択するだけだからです。

しかし、容易であるとはすなわち、自分好みのカスタマイズができないということでもあります。注文と注文の間の幅や利益幅を自由自在に設定したいならば、トライオートまたはトラリピを選択することになります。

(4) 最低取引数量
トライオートは従来10,000通貨でしたが、新しいトライオートでは1,000通貨になりました。このため、最低取引数量では三社横並びとなりました。


2. では、トラリピは最も不利なのか?

上の比較を見ると、トラリピが最も不利なように見えます。しかし、トラリピには他にないサービスがあります。それは、買いの取引でトラリピしていて一方的に円安になるとき、通常の利益幅で利益を確定しないで、円安になればなるほど利益を拡大できる機能があるからです。

「決済トレール」機能といいます。将来、一方的な円安になりそうだと予想するならば、一気に大きな利益を狙えるトラリピが候補になります。決済トレール機能の具体的な説明は、リンク先をご覧ください。
→ トラリピの新機能で利益を伸ばす!【決済トレール】

では最後に、三社で取引可能な通貨ペアを確認しましょう。○がついている通貨ペアで取引可能です。

3社比較2

→ リピート系(トラップ系)ならループイフダン!という4つの理由
→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット
→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット

→ トライオートが取引手数料引き下げ!トラリピとループイフダンの3つのうち、どれが有利?
→ 皆様の「FXでこれが困る!」をこの口座で解決!に戻る

ゆったり為替のEUR/CHF撤退戦!

【重要】スイス国立銀行が無制限介入を放棄?!」の続きです。そこで書いたトラップ系トレード撤退戦を実行した場合の成否を考えてみましょう。続きを読む

トラップ系で投資信託よりも稼ぐ!

女の子身近な投資商品として、公募型投資信託を挙げることができます。
今回は、投信の成績トップ10よりも良い成績をトラップ系の取引で得られるかどうか、考えてみます。
 
まず、投信から。
 続きを読む

そのトラップ系の取引は円高に対応できるだろうか?

ドジっ子世界は安定していて、急激な円高は稀にしかやってこない・・・そんな感覚の方が多くいらっしゃるかもしれません。

トラップ系の取引は毎日稼いでくれるのが利点です。

しかし、1年で20円近く円高になる場合でも、今までと変わらず毎日稼いでくれる設定でしょうか。あるいは、証拠金不足で強制清算されてしまうでしょうか。
 続きを読む
ブログ内記事検索
古い記事の引っ越し
古い記事の一部を、別のブログに徐々に移動させています。詳細はこちらをご覧ください。
プロフィール
ゆったり為替ゆったり為替

取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。
FXでの大成功を目指して勉強する毎日です。
メッセージ
当ブログを紹介していただいた皆様