338526-2昨日の記事「現在のユーロ/円(EUR/JPY)は重要水準にあるかも?」で、ユーロ/円(EUR/JPY)が重要水準に位置していることを確認しました。

今回は、ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)について検証しましょう。

月足チャートを確認しましょう。トライオートのチャートからの引用です。

201601nzdjpy-1

ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)は、40円台前半~90円台半ばを行ったり来たりしているという特徴があります。現在の水準は77円前後ですから、歴史的に見れば円安でも円高でもなく、平均的な水準にあるといえるでしょう。

しかし、近い将来に大きく動くかもしれません。というのは、現在の為替レートは重要水準にあると考えているからです。

上のチャートに補助線をひいたものが下のチャートです。

201601nzdjpy-2

一本の線で書くことが難しいと感じましたので、帯にしました。75円~77円くらいの範囲でしょうか。10年以上前の2004年から、このあたりの為替レートが相場の壁として機能してきたことが分かります。

10年以上も機能する相場の壁というのは、強烈な強さを持っていると想定可能です。よって、しばらくは現在の水準、すなわち75円~80円をウロウロするかもしれません。円高方向に行きたくても、相場の壁が邪魔をするからです。

しかし、それを破ってしまうと、一気の円高を警戒すべきかもしれません。

なお、2013年以降の月足を眺めると、三尊天井になっているように見えます。三尊天井が形成されると売りのサインです。果たして、三尊天井は成立するでしょうか。踏みとどまるでしょうか。今後の推移を待ちましょう。

三尊天井とは、下の補助線で書いたような形のことです。

201601nzdjpy-3

ちなみに、ゆったり為替は、「ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)が一気に円高になってくれないかなあ~」と心待ちにしています。というのは、スワップポイントが継続的に高い通貨ペアですから、十分円高になったら買って超長期で保有したいからです。

要するに、スワップ派です。

相場は期待通りに動くことの方が少ないように思います。成功しないかもしれませんが、準備はしています。あとは、待つだけです。

→ 今は本当に円高なのか?印象で考えるのは失敗の元かも?
→ 現在のユーロ/円(EUR/JPY)は重要水準にあるかも?