放心ネコループイフダンに限らず、どんなトレード手法にもメリットとデメリットがあります。

ある相場状況になると、思わずデメリットを増幅させる取引設定を採用してしまうかもしれません。すなわち、自ら失敗への扉を開いてしまいます。

10年くらい前、ゆったり為替がハマったこの失敗を確認しましょう。 

見事に損にハマる設定(序章)


下の図の曲線は為替レートの動きです。そして、横に何本も線がありますが、ここで買い注文が執行されるとしましょう。ループイフダンのイメージです。

為替レートはある程度大きく上下動しており、いい感じで新規買いと利食いを繰り返しています。トレードしていて楽しい時でしょう。

loop-ifdone-1


しかし、為替レートはいつもいい感じで動いてくれるとは限りません。下のような、値動きの乏しい時期がやってきました。

利食いするものの、その頻度は今までと比べると少ないので面白くありません。毎日利食いできていたあとで2日~3日に1回以下の利食いしかないと、少しイライラしてしまいます。

利食い頻度が少ないということは、資金増加速度も遅くなるということです。面白くありません。

loop-ifdone-2

さて、この場面でどうやって利食い頻度を元通りにしましょうか。ここで、損にハマる設定が発動されてしまうかも・・・!


見事に損にハマる設定(安定期)


利食い頻度が小さくてつまらないなら、解決方法は簡単です。下のように、取引設定を変えてしまえば良いのです。買い注文と買い注文の間の距離を半分にしました。

こうすれば、再びどんどん利食いしてくれます。満足です。

loop-ifdone-3

しかし、これが見事にハマる失敗パターンです。


見事に損にハマる設定(クライマックス)


相場はいつまでも停滞し続けるわけではありません。あるとき、円高方向にドカンと動いてしまいました。下のチャートのようになると、大損害です。

・・・取引開始前、円高になっても大丈夫なように計算してループイフダンを始めました。しかし、途中から設定を変えてしまい、予定よりも取引数量がずっと多くなってしまいました。

この状態で損切りすると、大きな実現損が出てしまいます。このため、損切りしたくてもできません。そうこうしているうちに、強制ロスカットが視野に入ってきました・・・。

loop-ifdone-4


ループイフダンで失敗を回避するには?


取引の開始時には、必要な証拠金について確認するという場合が多いと思います。

しかし、途中でリスク管理は消え去ってしまい、毎日の利食い額に集中してしまうかもしれません。上の失敗例はこのパターンです。大昔にゆったり為替が実行した負けパターンです(当時、ループイフダンはありませんでしたので、別のサービスでやってしまいまいた)。

ループイフダンで失敗しないためには、「取引設定を積極化しない」ことです。利食い額が積み上がってくると、もっと欲しくなることがあるでしょう。しかし、現状維持で我慢です。

また、値動きが小さくなって、利食い頻度が小さくなることもあるでしょう。しかし、設定を変えずに我慢です。いつか再び値動きが大きくなるでしょう。

最初に必要な証拠金を確認し、その内容で取引を開始したら、その後は設定を積極化しないで我慢しましょう。かつて大損したゆったり為替の実例から得られる教訓です。

大損したゆったり為替は、この失敗から教訓を得ました。そして、現在実行しているループイフダンのリアルトレードでは成功を収めています。

では、必要な証拠金額はいくらでしょうか。明日の記事で確認しましょう。

→ アイネット証券の詳細説明および口座開設


→ ループイフダンの必要資金を検証
→ ループイフダンの失敗を検証&失敗回避方法
→ ループイフダンの両建て
→ リピート系(トラップ系)ならループイフダン!という4つの理由
→ ループイフダン実践記録1:実弾トレードで有効性を検証!