288878-2乱高下すればするほど絶好調!という、ゆったり為替のループイフダンです。

実弾トレードを展開していますが、先月までの結果はどうだったでしょうか。

3月は値動きが小さかった


下のグラフをご覧ください。口座残高と純資産の推移です。横軸は月を示します。また、純資産は評価損益を含んだ額ですので、口座残高よりも下で推移することが多くなります。

20160405loopifdone

このグラフを見ますと、2016年3月の値動きは比較的小さかったと分かります。というのは、口座残高の増え方が少し穏やかになっているためです。

また、純資産と口座残高に差があまりありません。これは、豪ドル/円(AUD/JPY)が円安で推移していてポジション数が少ないことを示します。

というわけで、結論としては「3月も好調だったが、相場が荒れなくてつまらなかった」という表現で良いかと思います。しかし、4月に入って再び大きな円高&乱高下が実現するか?という感じの値動きです。

ループイフダンは乱高下を特に得意としますので、ぜひ乱高下して欲しいです。乱高下すると裁量トレードが難しくなりますが、その間の裁量トレードはお休みします。寝ていてもOK。ループイフダンが利食いを繰り返してくれますので。


ループイフダン(R)実況中の成績と比較


ここで、アイネット証券のブログ「ループイフダン(R)実況中」でのトレード成績と比較してみましょう。

20160322-loop-ifdone

「ああ、今はゆったり為替の方が好調なのね」で終わらせるのはもったいないです。ループイフダンをしていて、円高で今苦しいという場合、ゆったり為替の設定と「ループイフダン(R)実況中」の設定を詳細に比較してみてください。

ゆったり為替は円高でひどい目に遭ってきましたので、円高に対するリスク回避にとても敏感になっています。そういうゆったり為替と、(おそらく)ゆったり為替ほどには円高リスクを深刻に考えていない設定。どこが違うのでしょうか。

そして、皆様が取るべき道はどちらでしょうか(あるいは、第三の道があるかもしれません)。

ゆったり為替と「ループイフダン(R)実況中」の比較記事がありますので、そちらもぜひ参考にしてください。
→ ループイフダンの最適設定とは?いつ損切りすべき?

ループイフダン:アイネット証券の口座開設はこちらから


→ リピート系(トラップ系)ならループイフダン!という4つの理由
→ ループイフダン実践記録1:実弾トレードで有効性を検証!
ゆったり為替のループイフダン設定:

1 通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
2 取引1回あたりの取引数量: 1,000通貨
3 売買の方向: 買い 
4 値幅: 40銭
5 最大ポジション数: 87
6 ロスカット想定値: AUD/JPY=54.00円(実際にロスカットするか不明) 
7 トレード開始日: 2015年11月2日(月)
8 円安許容値: AUD/JPY=89.00円
(89.00円を超えたらトレードを休止。ある程度円高に復帰したら、トレード再開)