118641-2ゆったり為替はAUD/NZD(豪ドル/NZドル)の日足に注目しているのですが、先日、ニュージーランドで事件がありましたので確認しましょう。

AUD/NZD(豪ドル/NZドル)の日足チャート


まず、AUD/NZD(豪ドル/NZドル)の日足チャートを確認しましょう。トライオートからの引用です。

audnzd-daily

2016年4月13日の終値が、2週間ほど続いた小さなボックス相場を下方向に抜けているように見えなくもありませんでした。そこで、売りチャンスが来るかも?と思っていたのですが・・・。

翌4月14日に大きな陽線が出ました(青矢印部分)。これはすなわち、豪ドルが強くなったか、NZドルが弱くなったかなのですが、今回はニュージーランドでの事件の影響があると予想できます。


ニュージーランドで何があった?


では、ニュージーランドで何があったのでしょうか。2016年4月14日に公表された文書を元に、平たく表現しますと・・・(参照:ニュージーランド準備銀行ホームページ
2016年3月に政策金利を引下げましたが、その情報が事前に外部に漏れてました。
おっと!

政策金利を変更するという情報は極めて重要であり、それが事前に漏れていたとなれば、その情報を元に稼ぐことも可能でしょう。そして、稼いだお金はどこからやってくるの?と言えば、外為市場、すなわち私たちのトレード資金です。

今回の情報漏えいで、誰かが稼いだかどうかわかりませんし、公開文書によると、金融市場にインパクトを与えた証拠はないそうですが・・・。その文書の公開により、ニュージーランドドルが弱くなったというインパクトがありました。

このような事件があってはなりません。

なお、株式市場に比べてFX市場ではインサイダー取引は発生しづらいと思いますが、発生しないと断定することはできないでしょう。例を挙げますと・・・

例1: 2011年のスイス国立銀行総裁辞任(総裁の配偶者がスイスフラン相場で大儲けしたため)
例2: 2013年の米政策金利情報事前漏えい疑惑

私達にはどうしようもない話ですが、このような情報を知っておいても損はないでしょう。

→ ニュージーランドは政策金利を2.25%に引下げ。さらに引下げも。
→ ブログ記事の引用に英語サイトを使うことが多い理由