479328-1ゆったり為替は毎日のようにブログ記事を書いていますが、それぞれの情報に優先順位をつけていません。

そこで、あえて優先順位をつけてみようと思います。

トレードの世界で生き残り、プラスの成績を残すために最も重要なことは何でしょうか(ゆったり為替の意見です)。 
最も大切なもの: 精神力

トレード手法でもなく、資金管理でもなく、お金の量でもなく、FXか株かという選択でもありません。最も重要なのは精神力だと思います。

精神力と書いてしまうと、現代社会で通用しない過去の遺物のように思えるかもしれません。この意図は、以下の通りです。


1. トレードで勝ちたいと思うか: NO

勝ちたいと思うと雑念が入り、チャート分析がゆがみます。すなわち、自分にとって都合の良いように勝手に考えてしまいます。そこで、トレードする際は、勝ちたいとは思いません。ただチャートを眺めます。

2. トレードを開始したら、相場の行方が気になるか: NO

もうトレードを開始したのですから、それから相場を眺めても仕方ありません。利食いと損切りの注文を出しているのですから、あとは放っておけばOKです。相場をチェックするだけ時間と精神力の無駄です。

ただし、値動きの途中で決済ポイントをずらす必要があるトレードの場合は、相場を随時チェックします。

3. トレードで負けたら悔しいか: NO

勝率100%の裁量トレードは存在せず、一定の確率で負けます。このため、負けについていちいち考えても無駄です。ただし、トレード記録は残しておきます。後から検証するためです。

4. トレードで勝ったらうれしいか: 少しだけYES

トレードで勝ったらもちろんうれしいですが、それは一瞬です。相場は常に動いていますから、これからもトレードチャンスはやってきます。トレードのたびに感情を動かしていては、疲れますし冷静な判断の妨げになります。

5. 大負けしたら悔しいか: 少しだけYES

ちょっと変態的かも?・・・2015年のスイスショックでゆったり為替は大負けしてしまったのですが、喜々としていました。ブログ記事に書くネタができたからです。大負けと言ってもトレード資金の一部を失っただけですし、これからもトレードできます。

実際のところ、大負けして学ぶことの方が大きかったです。勝って学べることはあまりありません。勝ったという満足感が邪魔をしてしまうからです。

**********

感情を常に一定に保たないとね・・・ということですが、これができるようになるのに多くの時間を費やしました。どうしても感情が動いてしまいます。しかし、感情がブレると、成績が安定しません。

ただひたすらにチャートを見て、必要に応じてファンダメンタルズ分析もして、相場が動く方向と同じ向きで売買するするように努力します。

→ 勝つのに最も近道なトレード手法
→ 負けるトレーダーの割合が判明!
→ FXで負ける理由(教育編)
→ FXの勉強で最も困難だったことは?