dog-4後半戦を迎えたザイFX!チャレンジです。

ゆったり為替が注目している通貨ペアを2つご紹介しましょう。うまくいけば大きな成果を得られると目論んでいます。 

下の2つのチャートは、いずれもヒロセ通商(LION FX)からの引用です。日足チャートに補助線を2つ追加しています。


ポンド/円(GBP/JPY):

下のチャートを見ますと、ペナントができていることが分かります。下方向に抜けていくか、それとも再び反発するか?という状態です。

gbpjpy-daily-chart

上のチャートでは、敢えてペナントを下方向に抜けていないという線の引き方をしています。日足終値を使って正確に線を引けば、わずかですがすでに下方向に抜けているという判定になります。

一方、日足安値を使って線を引くと、まだ下方向には抜けていないという判定になります。

この微妙な状態に位置していますので、現時点では円安・円高の方向を考えるのは難しいです。為替レートの動きに従ってトレードします。

なお、上の日足チャートのメモリは3円(300銭)ごとに引いてあります。ペナントを抜ける動きにうまく乗ってサーフィンできれば、かなり大きな利食い幅になると期待できます。ザイFX!チャレンジでの順位を上げることが可能でしょう。


CAD/JPY(カナダドル/円):

次に、CAD/JPY(カナダドル/円)です。こちらも補助線を2本引いています。これをみると、CAD/JPY(カナダドル/円)はボックス相場で推移しており、現在は円高方向の動きだと分かります。

cadjpy-daily-chart

そこで、月曜日以降しばらくは円高方向への取引に注力し、下側の補助線の位置まで来たら、反発かまたは下抜けのいずれになるかを見極めることになります。

ポンド/円(GBP/JPY)のペナント取引が成功する場合に比べて、爆発力は小さいでしょう。しかし、着実に利食いしやすい形状になっているのでは?と期待しています。


実際にトレードできるかどうか、それはチャート次第ということになります。しかし、今週はこの2通貨ペアを中心に攻めようかな?と考えています。

なお、短期トレードで中心的な役割を演じると見ていた米ドル/円(USD/JPY)ですが、日中の値動きが鈍いです。先週後半は深夜帯に動くことが多かったのですが、今週はどうなるでしょうか。

日足の形は、上の2通貨ペアほど分かりやすいとは言えないように見えます。しかし、チャンスがあれば取り組みたいと思います。

→ ゆったり為替が「ザイFX!チャレンジ」に参加します!
→ 心理状態が成績に直結
→ ゆったり為替の入金額は?資金量と成績の関係
→ 短期トレードの難しさをデータが実証