rich今回のヒロセ通商(LION FX)のリアルトレードバトルでは、2週間しっかりやり切って、pips勝負で小林さんに勝つことを目標にしています。

そこで、ゆったり為替が今回入金した額と、その理由についてご案内しましょう。 

ヒロセ通商(LION FX)への入金額:100万円


今回のトレードは、pipsで小林さんに勝つ!という目標に設定しました。金額で上位に食い込むのは、投入できる資金量の都合で難しいためです。そこで、1回の取引数量は1,000通貨を基本としています。

10万通貨で取引しても、1,000通貨で取引しても、100pipsの損益は同じ100pipsだからです。

ということは、一般的には、100万円という入金額は過大だという表現ができるかもしれません。

仮に、米ドル/円(USD/JPY)を1,000通貨取引すると、およそ11万円~12万円くらいです。レバレッジにして0.1倍台です。ユーロ/円(EUR/JPY)やポンド/円(GBP/JPY)などを同時に取引しても、レバレッジは1倍に届かないでしょう。

しかし、これで良いのです。


一見すると過大な入金をしているように見えますが、こうすることで、「レバレッジや資金について全く考慮することなく、ただ相場にだけ集中できる」というメリットが生まれます。

1万通貨取引したいときに、入金額は××円だからレバレッジが××になって・・・と考えるのは必要でしょうが、チャート分析とは別の話です。チャートは時々刻々と動いていますので、相場と資金を同時に考えるのは無理があるでしょう。

少なくとも、ゆったり為替の場合は無理があります。

そこで、資金については全く考慮しなくても良い設定にします。すなわち、100万円の入金です。同時にポジションを持つことはあっても、10個も持つことはないでしょう。すわなち、レバレッジは1倍に届きません。

資金については完全無視でトレード可能です。

この結果、実際にトレードでプラスの成績になるかどうかは不明です。しかし、必要な思考を最小限に収めるとともに、その思考のために要する時間も節約することができます。短期トレードにとって重要な要素かもしれません。


相場は、資金量が多い人の方が有利と言われます。その理由は「お金を持っている」からではなく、「資金管理が容易になる」という理由が大きいと思います。

資金量10万円で100万円のトレード(レバレッジ10倍): 
→ 損するかどうか、ドキドキ。

資金量1,000万円で100万円のトレード(レバレッジ0.1倍):
→ 損しても余裕。

この精神的格差はとても大きな要素でしょう。

ヒロセ通商(LION FX)の口座開設はこちらから


→ ゆったり為替が「ザイFX!チャレンジ」に参加します!
→ 心理状態が成績に直結
→ 短期トレードの難しさをデータが実証
→ 今週の注目通貨ペア:ザイFX!チャレンジ(2月20日)