118645-2イギリスの国民投票で日足チャートは大崩れしました。今はかなり落ち着きましたが。

今後の突発的なニュースで相場が動くかもしれませんし、日足メインのトレードは仕掛けづらいです。

こういうときは・・・
 

トレードしないに限る!

・・・最高につまらないですが、これが安全でしょうか。

スワップ派のトレードとループイフダンはいつものように稼働していますが、日足を使った中期トレードが仕掛けづらいです。窓のトレードはこのような状況でもいつも通りの成績ですが、取引機会は週1回です。

小さな数量で細かくトレードしても良いですが、趣味の域を出ません。

と、否定的に書いてみましたが、

1 スワップ派
2 ループイフダン
3 窓

3つもトレード手法が生きていますから、満足しないといけないかな、という感じもします。

そういえば、イギリスが本当にEUから離脱するならば、手続き開始後2年間のうちに離脱することになっています。実際にそうなるか不明ながら、今年は2016年ですから2年後は2018年。今は7月・・・。すなわち、2018年夏以降?

2018年夏。何かが予定されていたような気がする、と考えてみたところ、ギリシャがありました。

昨年(2015年)の夏、大騒動の末にギリシャ支援の延長が決まりました。3年間です。すなわち、2018年まで。ギリシャ問題とイギリス問題が重なるかも?

そもそも、ギリシャは2018年まで何事もなく推移できるかどうか?という怪しい状況の模様ですが、2018年夏以降にビッグイベントが重なるかもしれません。頭の片隅に記憶しておきましょう。

→ カテゴリー「ユーロ」(ギリシャ関連記事を収録しています)
→ ゆったり為替が理想とするトレード最終形とは?