419572-2FXトレードフィナンシャルは、2016年6月1日からMT4に10通貨ペアを追加します。そこで、追加される通貨ペアのスプレッドを確認しましょう。

下のキャプチャは、FXトレードフィナンシャルからの引用です。同社の従来の裁量FXツール「高速FX」よりも、おおむねスプレッドが狭くなっている様子が分かります。

fxtf-mt4-spread-20160522

この数字を見ると、1,000通貨コースを選択するしかないのでは?という感じがします。

豪ドル/カナダドル(AUD/CAD)やカナダドル/スイスフラン(CAD/CHF)のスプレッドが2.9pipsなのが、とてもいい感じです。

一方、米ドル/トルコリラ(USD/TRY)のスプレッドが大きくなるのは仕方ないかなと思います。トルコリラ/円(TRY/JPY)はもう少し頑張ってくれないと取引は難しいかな・・・というのが率直な感想です。

ゆったり為替はニュージーランドドル/カナダドル(NZD/CAD)も取引したいところですが、このスプレッドを見るとAUD/CADの方が取引しやすいかなあ、と思います。

これらのマイナー通貨ペアでトレードできるFX口座はとても少ないので、大変貴重です。

→ 「FXトレードフィナンシャルのMT4」口座開設はこちらから


→ MT4を使うときに遭遇する困難:いかにして24時間稼働させるか
→ MT4の裁量トレードが便利になる工夫
→ FXトレードフィナンシャルのMT4は業界を席巻するか?【通貨ペア多数】