167642-2ゆったり為替は、リピート系注文について、オタクと呼べるくらいに細かく情報を調べていると思います。しかし、iサイクル注文に関する記事はまだありません。

・・・そんな状況で、FXトレードLABのFX課長から、「iサイクル注文について書いてみない?」と打診がありました。 

ああ、確かにiサイクル注文について書いてないよね・・・このブログのカテゴリーにもないし。と思っていたのですが、話を進めるうちに「i」を抜かした「サイクル注文」について執筆することになりました。

サイクル注文なら、トラッキングトレードやループ・イフダンとのダブりがありません。純粋に外為オンラインの話として進められます。

また、「サイクル注文」を検索すると、iサイクル注文ばかりヒットしてしまいます。・・・もしかして、ほとんど誰も書いてないの?そういえば、外為オンラインのホームページを見ても、サイクル注文に関する文章を探すのは大変です。

というわけで、サイクル注文に決定しました。しかも、公開トレードをしながらです。

ゆったり為替の公開トレードは数が多すぎるので、そろそろしんどいです。しかし、リピート系注文やスワップ派は基本的に放置可能なので、エクセルでしっかり管理しておけば、ケアレスミスはなくせると考えています。


FX課長、なかなかいいところに目を付けたな・・・という感じです。下のキャプチャは、外為オンラインからの引用です。

cicle

ボックス相場(レンジ相場)で効果を発揮する様子が描かれています。iサイクル注文は、為替レートが円安や円高になれば取引範囲も移動します。しかし、サイクル注文は移動しません。

ゆったり為替にとっては、この「移動しない」というほうが取引しやすいです。そのあたりについては、FXトレードLABで説明していきたいと思います。週1回(月曜日)の連載予定です。

また、サイクル注文にもデメリットがあります。その点をしっかりと書きつつ、デメリットを回避する方法についても紹介していく予定です。

→ FXトレードLAB
→ 外為オンラインの詳細および口座開設