118653-2ビットコインを始めとする仮想通貨の勢いはとどまるところを知らないようです。商品数9万を数える通販サイトがオープンしました。

決済通貨はビットコインとモナコイン(国産の仮想通貨)だけです。なんと、円が使えません。 
→ Bitcoinmall(ビットコインモール)

この通販サイトのすごいところは、「モナコイン」で決済できるところだと思います。ビットコインで商品数9万点から買えるというのもすごいですが、まさかモナコインとは!という感じです。

モナコインとは、「2ちゃんねる」が発祥の仮想通貨です。「オマエモナー」のネコがモデルになっています。
monacoin

というわけで、ゆったり為替はZaifにビットコインを送って、モナコインを買いました。日本の主な仮想通貨の取引所で口座を持っていますので、すぐ対応できました。あとは、モナコイン価格が100倍になるのを待ちます。

10倍では面白くないよね・・・という、ほとんど宝くじ感覚です。


ちなみに、ビットコインやモナコインなどの仮想通貨で商品を買えるのは、かなり大きなメリットがあります。それは、商品を発送する先の住所と氏名は登録が必要ですが、クレジットカードに関する情報を登録する必要がないことです。

これは大きなメリットと思います。

個人情報を扱う各社は、ハッキング等から個人情報を守るために対策をしています。しかし、個人情報漏えいが次々に発覚しているのが現状です。この点、ビットコインやモナコインのアドレスが流出しても問題ありません。

ただの文字の羅列ですので。

ビットコインアドレスは何万個でも自由に作れますし、「このアドレスは自分のものだ」と公言しない限り、個人を特定するのは極めて困難です。さらに、このアドレスが流出しても、そのアドレス所有者のビットコインを盗むことはできません。


このメリットを証明するかのように、ビットコインモールに会員登録するには、メールアドレスとパスワードがあればOKです。名前も電話番号も入力不要です。

さらに書けば、会員登録しなくても買えます。

これはもしかして、そんなに遠くない将来、通販はクレジットカードよりも仮想通貨の方が安心だよね!という時代がやってくるかもしれません。何だかワクワクします。

ちなみに、日本の主要な取引所でモナコインを売買できるのはZaifだけのようです。

Zaif(ザイフ)の口座開設はコチラから