coincheck仮想通貨取引所紹介の2回目です。今回はコインチェック(coincheck)にしましょう。

コインチェックの特徴は、大きく見て2つになるだろうと思います。 

取引可能な仮想通貨


コインチェック(coincheck)の大きな特徴のひとつは、取引可能な仮想通貨の種類でしょう。全部で13種類もあります。

おそらくですが、日本に本社がある取引所の中で、最も取り扱い通貨数が多いのはコインチェックでしょう。

cryptocurrency

上の画像はcoincheckから持ってきたものです。よく見ると、仮想通貨のロゴが12個しかありません。13個目は…?という感じですが、DAO(ダオ)です。DAOは事件をやらかしてしまったので、取引する人はわずかしかないかも…。

仮想通貨は、何があってもおかしくないというスタンスで攻めるのが吉と思います。

そこで、ゆったり為替は、多くの仮想通貨を少額で買うという戦術をとっています。価値がなくなる仮想通貨も出てくるでしょうが、どれか1つか2つが爆発的上昇を実現してくれればOK!ということです。

上のロゴで書いた12通貨のうち、スーパー上昇を実現するものは出てくるでしょうか?数年待ちます(10年くらいかかるかも?)。


シンプルなサイトデザイン


コインチェック(coincheck)の二つ目として、シンプルなデザインを挙げることができるでしょう。トップページも、極めてシンプルです。

coincheck

余計なことは書きません!分かりやすさ重視です!という感じのデザインです。実際のところ、ゆったり為替はコインチェックで取引しましたが、シンプルなので迷うことがありませんでした。

仮想通貨は新しい分野ですので、分かりやすいというのはとても大切なことだと思います。

上のキャプチャを見ますと、取引手数料0%と書いてあります。0%キャンペーンを実施していますので、これからビットコインを始めとする仮想通貨を取引しようという場合、コインチェックは選択肢の一つとなるでしょう。

coincheck(コインチェック)公式サイト

ビットコイン取引所比較:
その1: ビットフライヤー(bitFlyer)
その2: コインチェック(coincheck)
その3: ザイフ(Zaif)
その4: ビットバンク(bitbank)
その5: ビットポイント(BITPoint)
その6: どの取引所で取引すべきか