七福神3当ブログで毎日のようにご紹介している「くりっく株365」ですが、口座数や証拠金預託額の様子はどうなっているでしょうか。

確認しましょう。 

下のグラフは、くりっく株365ホームページからデータを得てグラフ化したものです。データは2010年12月からとなっており、口座数・証拠金預託額ともに順調に伸びている様子が分かります。

clickkabu365-accounts


最新の数字を見ますと、以下の通りです。

口座数: 75,584
証拠金預託額: 460億円

なお、グラフを見ますと、2017年1月にいきなり口座数が伸びています。これは何だ?…と調べていくと、1月にSBI証券でくりっく株365の取扱いが始まっていました。おそらくですが、SBI証券に口座を持っているユーザーが大挙して口座を作ったのだろうと予想できます。

さすがSBI証券です。サービスを始めた途端に、異常値と間違えそうな口座数を獲得しています。

しかし、口座数の伸びの割に、証拠金預託額の伸びは大きくありません。SBI証券が取り扱いを始める前と同じくらいの伸びでしょうか。この間に日経平均やNYダウが暴落したということもありません。

よって、とりあえず口座を開いて、システムの使い方などを確認しようという顧客が多かったのだろうと予想できます。それでいいと思います。

口座開設手数料や維持費はありませんから、とにかく口座を作って触ってみることが第一歩につながると思います。その結果、継続して取引したいと思えば取引して、そうでもないなと思えば放置。これでOKと思います。

岡三オンライン証券の口座開設はコチラから


→ くりっく株365の配当相当額
→ くりっく株365の手数料比較
→ くりっく株365でNYダウを取引するメリット
→ 岡三RSS:エクセル計算式の使い方(初心者編)