338526-2岡三オンライン証券のシステム「岡三RSS」を使うと、日本株、くりっく365、くりっく株365のヒストリカルデータをエクセルにダウンロードできます。

すると、こんな調査(バックテスト)が可能になります。 

バックテストの例:
・米ドル/円(USD/JPY)が円高、円安になると、日経225はどう動く?
・ユーロ/円(EUR/JPY)の場合はどうだろう?
・米ドル/円(USD/JPY)が円高、円安になると、個別銘柄の株はどうなる?

米ドル/円(USD/JPY)が円安の時は日経平均株価も上昇しやすいことが、感覚的に分かります。しかし、その感覚は正しいでしょうか。そして、円安と日経平均上昇が同時に実現するのは何%くらいでしょうか。

岡三RSS(エクセル)を使えば、こういった調査が可能です。

為替レートと個別株の関係を調べることもできます。輸出依存度が極めて高い銘柄は、為替レートの動きに敏感に反応するかもしれません。

また、少し違う視点でバックテストをすることも可能です。


バックテストの例:
・米ドル/円(USD/JPY)が円安、円高になった翌日の日経225はどうなる?
・逆に、日経225が上昇または下落した次の日の米ドル/円(USD/JPY)はどうなる?

円安になる日の日経平均は上昇しやすいというデータは、意外に使いづらいと思います。というのは、今日は円安だと分かったときには既に、日経225も上昇しているということだからです。そこで、1日ずらしてバックテストです。

1日ずらしても、トレードに使えそうな特徴があるでしょうか。それとも、ないでしょうか。ゆったり為替は既に調査済みですが、敢えてここでは公表しないでおきます。

皆様ご自身で検証してみましょう!


さらにさらに、こんな調査もできます。

バックテストの例:
・米ドル/円(USD/JPY)、日経平均株価、日経225(くりっく株365)の関係は?

日経平均株価は、平日の午前9時~午後3時の取引だけで日足が作られます。一方、くりっく株365の日経225は、ほぼ1日中取引可能です。すなわち、日経平均と日経225は日足の形が異なります。

例えば、こんな結果が出たとしましょう。

・米ドル/円(USD/JPY)が円安のとき、日経平均株価と日経225はともに上昇しやすい
・この場合、日経平均株価と日経225を比較すると、終値は日経225の方が高いようだ

こういうバックテストが出た場合、こんなトレード手法が考えられます。

「米ドル/円(USD/JPY)が円安で日経平均株価も上昇したら、その夜の日経225は買いで勝負だ!」…これは有効だと言えそうでしょうか。それは、バックテストの結果次第です。


岡三RSSでダウンロード&バックテスト可能


岡三RSS(エクセル)でダウンロードできるのは日経225(くりっく株365の商品)であり、日経平均株価そのものではありません。そこで、ヤフーファイナンスなどから日経平均株価のデータをコピーする必要があります。

ゆったり為替がコピーしてここで公開するのは問題があるかもしれませんが、皆様が個人利用目的でコピーするのは構わないでしょう。

そこで、岡三RSSでこの3つ(米ドル円、日経平均株価、日経225)を比較しますと、面白い結果が出るかもしれません。なお、米ドル/円(USD/JPY)でなくてユーロ/円(EUR/JPY)だったらどうでしょう?あるいは、ユーロ/米ドル(EUR/USD)だったら?

こう考えると、バックテストのパターンは広がっていきます。

これらのバックテストについて、詳細を公開したサイトは多分ないのでは?と思います。無料で公開するのはもったいないからです。そこで、皆様自身でバックテストしてみてはいかがでしょうか。

岡三RSSはエクセルですので、エクセル関数を使ってバックテスト可能です。

岡三オンライン証券の口座開設はコチラから


→ くりっく株365の手数料比較
→ くりっく株365でNYダウを取引するメリット
→ 岡三RSS:エクセル計算式の使い方(初心者編)
→ 岡三RSSでバックテスト