513513-1先日、ゆったり為替のトレード手法が『Yen.SPA!』で紹介されたことをお知らせしました。
→ 『YenSPA』で、ゆったり為替のトレード手法が紹介されました

そのYen.SPA!の別冊に、くりっく株365の配当金予想がありましたので、ご案内しましょう(「くりっく365」でなく「くりっく株365」です)。

くりっく株365とは

くりっく株365を簡単に説明するならば、くりっく365の株式版です。よって、CFDです。

このため、FX取引ができる方は、難なく「くりっく株365」の仕組みを理解できるでしょう。配当金と金利の関係は以下の通りです。スワップポイントのようなイメージでしょうか(キャプチャはマネースクウェア・ジャパンからの引用です)。

・ くりっく株365で買うと・・・金利相当額を支払い、配当相当額を受取ります。
・ くりっく株365で売ると・・・金利相当額を受取り、配当相当額を支払います。

cfd-dividends

現在の金利はマイナスになろうかという状況ですので、くりっく株365で日経225を買っても金利支払いはゼロ円です。配当金が純粋にプラスとなります。

なお、くりっく株365で取引できる商品(株価指数)は、以下の4種類です。

日経225
NYダウ
DAX
FTSE100

ゆったり為替は銘柄検索が面倒なので、あまり株式投資をしていません。くりっく株365なら銘柄選択は不要という感じなので、FXと同じようなイメージで取引できます。くりっく株365ならではのメリットも大きいので、このブログで紹介していこうと思います。


くりっく株365で日経225を買うときの配当

さて、本題に戻りまして、Yen.SPA!の付録に配当予想が掲載されています。マネースクウェア・ジャパン(M2J)の提供で作られていますので、M2Jの予想かもしれません。

下の配当額は、1枚(日経平均×100倍)を買うときの金額です。

配当相当額予想(2017年):
1月       146円
2月    1,171円
3月  13,081円
4月         0円
5月           0円
6月    2,385円
7月       131円
8月    1,189円
9月  12,138円
10月         0円
11月         0円
12月  3,014円
合計: 33,255円

こうしてみると、3月と9月の配当が飛びぬけて大きいです。くりっく株365の配当は、現物株の配当と同じようにもらえるためです。ただし、会社から配当をもらうわけではないので、「配当相当額」です。

この記事を投稿した時点の日経平均は19,500円弱ですから、レバレッジ1倍で取引すると配当利回りは1.7%くらいになります(1枚の価格は、日経平均株価の100倍です)。

レバレッジ2倍: 3.4%
レバレッジ3倍: 5.1%

ということになります。FXやCFDというと短期トレードのイメージがあるかもしれませんが、中長期の取引も可能だということになります。

くりっく株365でトラリピができる


→ 「くりっく365」と「くりっく株365」の証拠金を共通化できるかも(合算処理)
→ くりっく株365とFXを比較
→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット
→ くりっく株365の手数料比較