513513-1前回の記事で、スイスフランを証拠金にする案を紹介しました。では、スイスフランを証拠金にするには、どうすれば良いでしょうか。

手元にスイスフランがあれば、それをセントラル短資FXまたはマネーパートナーズに入金すればOKです。 しかし、それができる人は少数だと思います。 

そこで、円の証拠金をスイスフランに替える方法を考察します(今回はシリーズの最終回です)。 


方法1: 現受け(げんうけ)

現受けとは、FXのポジションとして持っていた通貨を現金で受け取ることです。受け取った現金は証拠金として使用できます。

例えば、スイスフラン/円(CHF/JPY)を1万フラン買って持っているとします。この時、ポジションを建てた時のレートで1万フラン分の日本円を口座に持っていれば、1万フランの現金を受け取ることができます。

例:
スイスフラン/円(CHF/JPY)=100.00円で1万通貨を買った時、口座に100万円を持っていれば、1万スイスフランを受け取れます(現在のレートは考慮しません)。100万円はスイスフランと交換でFX業者のものになります。

この方法は、セントラル短資FXもマネーパートナーズも10,000通貨単位で取り扱い可能です。


方法2: 外貨両替

外貨両替は、文字通りです。入金している円を、現在の為替レートで外貨に両替することです。

セントラル短資FX・マネーパートナーズともに、外貨両替は最低取引数量の制約がありません。10,000通貨よりも小さな額をスイスフランに替えたい場合は、現受けでなく外貨両替を使いましょう。


方法3: スイスフランを含む通貨ペアで取引

例えば、米ドル/円(USD/JPY)で取引した場合、決済損益は円で計算されます。また、USD/CHF(米ドル/スイスフラン)で取引すれば、決済損益はスイスフランで計算されます。一般のFX業者では、こうして得たスイスフランは自動的に円に交換されます。

しかし、獲得したスイスフランを円に換えないで、スイスフランのまま保有するという方法があります。これはセントラル短資FXで実行可能です。

セントラル短資FXの取引ツールの初期設定では、決済損益を円転することになっています(他のFX業者と同じです)。「登録情報・各種設定」にて円転しない設定にすれば、トレード益を外貨のままで保有できます。

セントラル短資FXでは、以下の通貨ペアの取引が可能です。この通貨ペアで取引して利食いを繰り返せば、自然とスイスフランが証拠金として蓄積します。

米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
NZドル/スイスフラン(NZD/CHF)

セントラル短資FXの口座開設はこちらから


→ セントラル短資FXがスワップポイント目的の投資に有効な5つの理由(FX究極のスワップ派)

関連記事: 長期トレードシリーズ
→ その1: 米国はスタグフレーションに向かっている?米ドル円はどうなる?
→ その2: ゆったり為替の米ドル/円(USD/JPY)トレードはどうなった?
→ その3: ゆったり為替が最重要視する指標とは?
→ その4: 日本の物価が上昇しない本質的な理由
→ その5: ゆったり為替の見通しが正しいなら、どうやって自分を守る?
→ その6: 日本経済が危機!その時に備えて買っておくべき通貨は?
→ その7: 証拠金の円をスイスフランに交換する方法