086247-2ゆったり為替はいろいろなFX口座に証拠金を入金しています。全ての口座が常時稼働しているというわけではないですが、取引する口座に入金しているということです。

そこで、最も入金額が大きいFX口座とその理由をご紹介しましょう。

最も入金額が大きいFX口座: セントラル短資FX

当ブログではセントラル短資FXを大きく紹介しているとは言えないので、意外な感があるかもしれません。では、なぜセントラル短資FXへの入金額が大きいかですが、理由は3つあります。


理由1 スイスフランを売るスワップ派をしている


この理由が最も大きいです。スワップ派は基本的にポジションを延々と持ち続けるトレード方法です。そして、よほどのことがない限り決済しませんし、急落でピンチ!とならないように証拠金を多めに入金しておくのが特徴です。

このブログで時々紹介していますが、ゆったり為替はAUD/CHF(豪ドル/スイスフラン)のスワップ派をしています。かなり前から実行していまして、スイスショック前のどうしようもない含み損ポジションもあります。

しかし、含み損はとりあえず脇に置いて(AUD/CHF=0.5000程度を下回ってもOK)、毎日のスワップポイントの価値を重視しています。そして、獲得したスワップポイントはスイスフランでため込んでいます。これは保険です。

将来、円の価値が急激に下落することがあっても、証拠金でスイスフランを持っていれば大丈夫だろう、という計算です。

とはいえ、スイスショック前のどうしようもないポジションは消し去りたいので、獲得したスワップポイントの範囲内で少しずつ決済していこうと思います。


理由2 チャートがこの上なく使いやすい


ゆったり為替が持っているFX口座数は何十もあります。その中には、見やすいチャートやそうでないチャートがあります。見やすいチャートの中でも、ゆったり為替はセントラル短資FX「クイック・チャート・トレード・プラス」のチャートがお気に入りです。

なぜ見やすいのか?と問われることがありましても、明確な回答が難しいです。同じようによく使うチャートにマネパやLION FXがあります。ここで名前が出ていないチャートとどう違うのか?と問われても、回答が難しいです。

「感性が合うから」という答えになりそうです。

何十もの口座をチェックしてきたゆったり為替がそういうなら、一度チャートを見てみようかな、という方がいらっしゃいましたら、ぜひ確認してみてください。


理由3 会社の信頼度


スワップ派でトレードしている最中に、取引会社の経営が傾いてしまっては困ります。将来どうなるか全く分からないのですが、信頼度が高い(=経営が傾く可能性が低い)というのはメリットだと考えています。信頼とはすなわち安心です。

信頼度の高さは、例えばこんなところから分かります。

・ 親会社がセントラル短資であること
・ FX専業で最高位の格付を得ていること
・ 自己資本規制比率の高さ
・ スプレッド競争に全面的には参加せず、少し離れた位置にいること(スプレッド競争には、同社のサービス「ウルトラFX」で参加)

なお、セントラル短資FXのメリットが良く分からないまま口座を開けるのもどうかな・・・という感じかもしれませんので、下の記事を参考にしてみてください(「FX究極のスワップ派」の記事です)。

→ セントラル短資FXがスワップポイント目的の投資に有効な5つの理由
→ ウルトラFXはどこがスゴイのか?