FXゆったりトレード派

のんびりFXトレードすることを目指すブログです。

CHF(スイスフラン)

ユーロ/スイスフラン:ゆったり為替のお気に入り通貨ペア

522817-1ゆったり為替が最高に好きな通貨ペアの一つに、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)があります。

2015年1月のスイスショックでは痛い目にあいました。それでも、好きなので取引を継続しています。というのは、値動きがとてもいい感じだからです。続きを読む

証拠金の円をスイスフランに交換する方法

513513-1前回の記事で、スイスフランを証拠金にする案を紹介しました。では、スイスフランを証拠金にするには、どうすれば良いでしょうか。

手元にスイスフランがあれば、それをセントラル短資FXまたはマネーパートナーズに入金すればOKです。 しかし、それができる人は少数だと思います。 

そこで、円の証拠金をスイスフランに替える方法を考察します(今回はシリーズの最終回です)。 続きを読む

スイスフランは市場介入により値動きが限定的:イギリス国民投票

460270-1イギリスの国民投票では、ポンド/円(GBP/JPY)やポンド/米ドル(GBP/USD)の動きが注目されました。

ゆったり為替はもう一つ、スイスフランに注目していました。

というのは、イギリスとの地理的・経済的位置関係を考えると、円よりもスイスフランの方が強烈に高くなるかも?と考えたからです。 続きを読む

スイス国立銀行は、どこがユーロ/スイスの適切な水準と考えているか?

035974報道を見ると、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)の要人が「スイスフランが高すぎる」とたびたび発言しているようです。

そこで、現在のスイスフランの状況を確認しましょう。 続きを読む

スイス政策金利は据置:スイス国立銀行の声明に注目(2015年3月)

スイスがいきなり政策を変更してから最初の政策金利発表を迎えました。

政策金利(LIBOR3か月物)は据え置きとなりましたが、その後の声明に注目です。スイス国立銀行は金利やスイス経済をどのように評価しているのでしょうか。

政策金利:
-1.25%~-0.25%(変化なし) 続きを読む

スイスショックで発生した損失の状況はどんな感じだろう?

2か月ほど前に発生したスイスショックは、いくつものFX会社をなぎ倒す破壊力を持っていました。日本でも証拠金以上に損失を出した人が続出した模様ですが、一体どれくらいの金額なのでしょうか。

その状況が公開されていますので、確認しましょう。 続きを読む

スイス国立銀行と日銀の政策の共通点とリスク

スイス国立銀行(スイスの中央銀行)は市場に負けてしまいました。ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)=1.20を防衛できず、市場は大混乱。スイス自体へのダメージもありそうです。

同じようなことが日本で起こり得るかどうか・・・今回はこれを考えます。 続きを読む

スイスフラン:本当にスプレッドが最も狭いのはどの口座?

スイスフランを含む通貨ペアは、スプレッドが広がっていることが予想されます。状況が不安定で価格変動率が高いことが原因でしょう。

それはすなわち、短期売買で大きく稼げるかも知れないということです。そこで、現在のスプレッドでリアルに最も狭いところはどこか?を調べました。 ウェブサイトの公開情報でなく、実際にログインして調べました。続きを読む

それでもスイス国立銀行に頼るしかない

私たちは、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)の突然の政策変更で損失を被りました。

そこで、「もうスイス国立銀行なんて信用しない!」・・・と言ってしまいたいところですが、残念ながらそれは難しいでしょう。続きを読む

スイスショック後、スイスの金利とスワップポイントはどうなった?

スイスと言えば、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)=1.20の制限を撤廃したことに注目が集まります。しかし同時に、政策金利を大幅に引き下げてもいます。

そこで、スイスの金利の実勢レートを確認するとともに、スワップポイントの様子も確かめてみましょう。 続きを読む
ブログ内記事検索
facebook-logo twitter-logo
古い記事の引っ越し
古い記事の一部を、別のブログに徐々に移動させています。詳細はこちらをご覧ください。
プロフィール
ゆったり為替ゆったり為替

取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。
FXでの大成功を目指して勉強する毎日です。
メッセージ
当ブログを紹介していただいた皆様