118662バックテストの重要性に気づいている読者の皆様は大勢いらっしゃると思います。しかし、バックテストの方法が分からないという壁にぶつかっている場合があるでしょう。

そこで、完全無料!欲しい人は誰でもOK!という太っ腹企画です。ゆったり為替のバックテストツールを無料配布します。

エクセルを使ったバックテストの重要性につきましては、「エクセルでバックテストするメリットとは」をご確認ください。MT4など高性能ツールを使う方法もありますが、高機能すぎて一般的に難しすぎます。エクセルの方が、一般的には使いやすいでしょう。


そして、今回配布するファイルは3点です。

1 岡三RSSでバックテスト【エクセル】
岡三RSSとは、エクセルのことです。今回は、ヒストリカルデータ入手のために岡三RSSを使っています。岡三RSSを使うと、様々なデータを簡単に入手できますし、自動売買もできます(岡三RSSを使わなくても大丈夫です。エクセルとして、どなたでもご利用いただけます。

2 配布エクセルの使い方【PDF】
1のファイルの使い方を説明しています。1のファイルにも簡潔に使い方が書いてありますので、両方見ながらご利用ください。

3 バックテストに使える!エクセル関数の使い方【PDF】
そして、バックテストに使えるエクセル関数の使い方について説明したのが、3つ目のファイルです。エクセル関数は極めて数が多く、それぞれに有用です。そこで、全ての説明はあきらめて、ゆったり為替が良く使う関数に絞って解説しました。


ゆったり為替のバックテストのメリット


今回のバックテストでは、例として、岡三RSSから米ドル/円(USD/JPY)をダウンロードして検証しています。検証期間は、なんと10年以上です。これだけの長期間にわたるバックテストですから、信頼性は高いと予想します。

そして、バックテストの内容は、「これを無料で公開するのはもったいないのでは?」と感じていただけるレベルだと思います。バックテスト内容の例は以下の通りです(日足でバックテストしています)。

・曜日ごとの円安確率
・窓ができる場合に、それが埋まる確率
・連続して陽線や陰線が出る場合、その翌日の円安確率
・1営業日で、始値からα銭円安になる確率
など、全27パターン

なお、エクセルですから、バックテスト内容をどんどん追加していただけます。今回のバックテストは全27パターンの収録ですが、変数を変えることによって、そのパターンをいくらでも増やすことができます。

さらに、米ドル/円(USD/JPY)だけでなく、ユーロ/円(EUR/JPY)やポンド/円(GBP/JPY)のヒストリカルデータをダウンロードすることで、様々な通貨ペアのバックテストが可能です。

同じパターンのバックテストでも、通貨ペアごとに結果が異なることが分かります。


岡三RSSのメリット


なお、ヒストリカルデータをエクセルに貼れば、計算式が自動でバックテストしてくれます。よって、どこからヒストリカルデータを持ってきても問題ありません。しかし、バックテストをしていると、通貨ペアごとにヒストリカルデータを入替えるのがかなり面倒だと気づくでしょう。

また、日数が経過すると、新しいヒストリカルデータが増えてきます。このデータ追加も、かなり厄介です。

この面倒さを一気に解決してくれるツールがあります。「岡三RSS」です。

岡三オンライン証券【ネットトレーダー】にログインしたうえで、配布エクセルの所定位置に通貨ペアの名称を入力するだけで、くりっく365のヒストリカルデータを簡単に入手できます。極めて楽です。

岡三RSSとは、岡三オンライン証券のツール(アドイン)です。エクセルに追加することで利用できます。ヒストリカルデータをダウンロードするための計算式は、すでに配布エクセルに入力済みです。

なお、岡三RSSを使えば、「くりっく株365」のヒストリカルデータも一発で入手可能です。これらの入手方法につきましては、記事を改めて作成しますので、そちらをご覧ください。

「くりっく365」の岡三RSSアドイン設定方法
「くりっく株365」の岡三RSSアドイン設定方法

為替のヒストリカルデータが欲しい場合は、岡三オンライン証券で「くりっく365」で口座を開設します。同様にして、「くりっく株365」口座を作っていただくと、くりっく株365のヒストリカルデータをダウンロードできます。

岡三オンライン証券【くりっく株365】の口座開設はこちら


岡三オンライン証券【くりっく365】口座開設はこちら


口座を作らずにダウンロードできないの?という場合は、くりっく365公式ホームページからダウンロードできます。下の記事からご覧ください。ただし、作業が面倒です。面倒な分だけエラーが発生しやすくなりますので、気を付けましょう。

→ くりっく365がリニューアル!ヒストリカルデータ取得方法を確認


完全無料公開ファイルの場所


さて、気になるファイル公開場所です。このブログ「FXゆったりトレード派」には、技術的な問題でエクセルを添付できません。そこで、姉妹サイト「FX究極のスワップ派」に1記事作りました。そこで公開しています。

→ エクセルでバックテスト【無料配布中】

記事の中で注意事項も書いていますので、事前にご確認ください。無料とはいえ、計算式を含む記事の作成に当たっては相当の注意を払っています。しかし、100%完璧と保証することはできませんので、その点ご了承ください。

→ 【重要】バックテスト成績が良くても、実戦で勝つのは難しい
→ カテゴリ「バックテスト