116107-2一般的には、円高の行方に最も注目が集まっている時期だろうと予想します。しかし、今、ゆったり為替が最も注目している通貨ペアは違います。

その通貨ペアの様子を確認しましょう。 

豪ドル/NZドル(AUD/NZD)を日足で確認


ゆったり為替は豪ドル/ニュージーランドドル(AUD/NZD)に最も注目しています。円を含む通貨ペアはあまり好きではありません。というわけで、日足チャートを確認しましょう。トライオートからの引用です(以下同じ)。

audnzd-daily-20160411

先月末くらいに、ボックス相場を下方向に離れるかな!と思い、売りで参戦しました(矢印部分)。しかし、あっけなく反転する場面があり、決済しました。しかし、そこでめげずにもう一度売りチャンスを狙っています。

2週間くらいの期間ですがボックス相場になっているように見えるので、これを下方向に抜けたら売りで参戦したいです。


豪ドル/NZドル(AUD/NZD)を週足で確認


日足で見ると、上昇トレンドから一時的に反落しただけのようにも見える動きなのに、なぜ売りで勝負を仕掛けるのでしょうか。その根拠は、週足にあります。

週足チャートで確認しましょう。

audnzd-weekly-20160411

AUD/NZD=1.13くらいのところ(赤の補助線部分)に相場の壁を確認できます。しかも、長期間継続しています。とても長い期間ですから、この相場の壁は強力だと考えています。

また、形が少々いびつながら、2014年以降の動きはボックス相場に見えなくもありません。よって、これからAUD/NZDが下落しても、何ら不思議はありません。

直感的に見て、AUD/NZD=1.06くらいまで下落しても、特に驚きはありません。1.00の下落まで期待してトレードするのは難しいかな・・・という感じです。


なお、日足だけ見て「ここは押し目だ!」と思って買うと、今回の場合は損切りになる可能性が比較的高いのでは?と予想します。ゆったり為替の場合、日足を見てトレードする場合は、週足や月足のチャートのチェックも欠かせません。

→ ゆったり為替の豪ドル/円(AUD/JPY)見通しはこんな感じ。
→ ニュージーランドは政策金利を2.25%引下げ。さらに引下げも。
→ 2016年為替予想!米ドル/円(USD/JPY)の見通しは?