仮想通貨の発展を受けて、FX取引高はどうなった?

460271-1当ブログでは、仮想通貨の話が多くなっています。個人的なトレード回数も、仮想通貨が圧倒しています。しかし、取引1回あたりの金額は、FXの方がずっと大きいです。

では、FX業界としては、仮想通貨取引の発展を受けて何か影響があったでしょうか。データをもとに確認しましょう。

“仮想通貨の発展を受けて、FX取引高はどうなった?” の続きを読む

米国を見れば、世界の政策金利トレンドが分かるか

featured-image先日の記事「先進主要各国の長期の政策金利を概観」で、世界の政策金利の引上げ・引下げトレンドは、大雑把に見て一致していることを確認しました。

ということは、どこかの国の政策金利トレンドを確認すれば、世界全体のトレンドも分かるかも?という気がします。そこで、調査しました。

“米国を見れば、世界の政策金利トレンドが分かるか” の続きを読む

FOMCのプレスリリースを読んでみよう(2016年12月分)

083585-2日本の大手メディアは米金融政策について報道しますが、FOMCの発表をそのまま翻訳しているわけではありません。

このため、FOMCが本当に伝えたい内容が実は漏れているかも?という懸念が常に存在します。そこで、発表文は自分で読みたいです。

この種の英語は形式が決まっていますので、眺めてみましょう。

“FOMCのプレスリリースを読んでみよう(2016年12月分)” の続きを読む

豪州準備銀行のチャートで経済分析:豪州の未来は明るい?

267219-2豪州準備銀行(RBA)ホームページが公開している各種チャートは、極めて簡単に検索できて見やすくて、とても利便性が高いです。

そこで、公開チャートを利用して、豪州経済を簡潔に確認しましょう。

“豪州準備銀行のチャートで経済分析:豪州の未来は明るい?” の続きを読む

「FX究極のスワップ派」のスワップポイント比較グラフを見やすくしました

332046-2当ブログの姉妹サイト「FX究極のスワップ派」では、FX口座のスワップポイントを時系列で比較しています。

スワップポイントは特定の日付の大きさよりも、時系列データの方が重要だと思うからです。

しかし、グラフ化するとき、数多くのスワップポイントを掲載するとゴチャゴチャして意味不明になります。表現が難しいのですが、読みやすく工夫してみました。

“「FX究極のスワップ派」のスワップポイント比較グラフを見やすくしました” の続きを読む

過去の要人発言を調べたいなら

467835-1要人発言をきっかけに、為替レートが動くことは珍しくありません。この場合、最新の発言が重要になります。

しかし、次の政策金利はどうなる?を考える場合は、最新の発言に加えて、過去の発言やその人の考え方の傾向を知る必要があります。

過去の発言の一覧があれば便利ですが・・・というわけで、要人発言に焦点を絞ったサイトを紹介します。

“過去の要人発言を調べたいなら” の続きを読む