featured-image外国為替のチャートを毎日眺めています。しかし、仮想通貨の値動きがあまりにダイナミックなので、どうしても仮想通貨のチャートを眺める時間が長くなります。

そして、現在のZaifはあれやこれやとトラブルがありますが、昨日朝にZAIFトークンを買いました。
Zaifは顧客集めに大成功しています。大成功過ぎて、ログインできなかったり取引できなかったりする事例が頻発しています。そこで、ツイッターでは「Zaifで取引できる仮想通貨は(他の取引所を含めて)取引を見送り」と書いたのですが、敢えてZAIFトークンを買いました。

これは、投入資金を捨てても良いという前提の買いです。

買いに至った思考は、以下の通りです。

・サーバー増強などにより、アクセスしづらい状況は解決しつつある
・顧客が大挙して口座を作ったのは、Zaifへの期待の表れだろう
・COMSAが成功したりZaifが上場したりする場合、ZAIFトークンは暴騰するかも

Zaifが上場というのは、Zaif自身も考えていないかもしれません。ゆったり為替の勝手な期待です。COMSAの成功を期待するならCOMSAトークンを買えば良いのですが、Zaifトークンにしました。テックビューロ(Zaif運営会社)全体の業績を反映させたいからです。

企業業績を見て売買というのは、株式投資です。Zaifは上場していませんので、株式を公開していません。

そこで、ZAIFトークンを買ったという訳です。ZAIFトークンはZaifの存在を前提としていますから、Zaifが大きく躍進すれば、ZAIFトークンも値上がりするかも?ということです。ただし、業績とZAIFトークン価格が連動するかどうかは不明です。

ゆったり為替は、モナコインを5円で買って40円で売ったという、結果として失敗のようなトレードをしています。買値の8倍で売ったから成功でしょう?という気もしますが、今月、モナコインは2,000円になりました。イタタ。

というわけで、ZAIFトークンを持っているということ自体を忘れるようにします。1年~数年してから、「ふと気づいたらお金がザックザク!」という宝箱状態に期待。

この方法がうまくいかなくてもOKです。成功を期待すると疲れます。

なお、仮想通貨取引所各社のサービスレベルを見ると、ログインできるか・約定できるか・フリーズしないか・チャートが円滑に描画されるかといた基本的な部分でも、まだ改善の余地が大きいです。株式やFXと肩を並べるレベルになるには、今しばらく時間が必要な模様です。

仮想通貨があまりに一気に盛り上がったので、設備投資が追いつかないのだろうと思います。ここは、温かく見守ろうと思います。