featured-image国税庁から、仮想通貨にかかる税金計算例が公開されました。「ちょっとキツそうだな・・・」という部分がありますので、確認しましょう。

国税庁が公開した情報につきましては、下のリンクからご確認ください。


ゆったり為替が気になったのは、「3 仮想通貨と仮想通貨の交換」部分です。国税庁の文章を抜き出して転記します。

保有する仮想通貨を他の仮想通貨を購入する際の決済に使用した場合、その使用時点での他の仮想通貨の時価(購入価額)と保有する仮想通貨の取得価額との差額が、所得金額となります。

文章で書くと、どうしても難しくなります。ここは具体例で考えましょう。

(1)80万円で1BTCを買った。
(2)上の(1)で買った1BTCを支払って、90万円相当の仮想通貨を買った。

この場合、80万円で買ったビットコインを使って、90万円の仮想通貨を買っています。すなわち、ビットコインの価値が10万円上昇したということになります。よって、この10万円に課税されます。これは金(きん)と同じ考え方ですが、ちょっとキツいなと感じます。

上の例だと、ビットコインの購入額と、別の仮想通貨の円相当額が明確に分かっています。しかし、現実はなかなか難しいです。

円を使ってビットコインを買うところは、いくらなのか簡単に分かります。ビットコインを使って別の仮想通貨を買うところが厄介です。

例えば、イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)を買うとき、イーサリアムの購入額が円でいくらになるか?を認識しなければなりません。かなり面倒臭いです。

FXでいえば、EUR/USDでユーロを買う場合に、購入したユーロの円換算額を把握しなさい、ということです。EUR/USD=1.1700で取引額は×××ユーロだという感じでトレードを管理しますが、この時に保有しているユーロは・・・円相当だと計算している人はどれほどいるでしょう。

また、ビットコイン購入額よりも高額の仮想通貨を買えた場合は、税金を支払う必要があります。手元に円を獲得できたわけではなく、別の仮想通貨に交換しただけなのに。

ちょっとキツいという表現は適切でないかもしれません。かなり厳しいです。

また、ビットコインを買って、それをイーサリアムに交換して、そのイーサリアムを使ってICOに参加して何かトークンを買って、そのトークンを売買して・・・とやると、税金の計算が面倒過ぎてやる気になりません(それでもしなければなりません)。

ICOに参加する場合、ビットコインやイーサリアムでトークンを買うことになるでしょう。ICOでトークンを買ってみたら税金支払いが必要になった(利食いしていないのに!)という笑えない状況も出てくるかもしれません。

以上の理解に少々の間違いがあるとしても、仮想通貨同士の交換をするのは、かなり後ろ向きな姿勢にならざるを得ないでしょう。

ただし、特定の取引所内でETH/BTCの取引を繰り返すといった場合は、あまり考えなくても良いかもしれません。というのは、取引所がこの税制に対応した帳票を準備してくれるのでは?・・・と期待できるからです(この記事を投稿した時点では、まだ準備できていないでしょう)。