363176-2直近は異なりますが、FXの値動きはおおむね眠たい感じが続いています。一方、ビットコイン価格はダイナミックに動いています。

あまりにダイナミックなので、年初の価格と現在値がかなり違います。わずか半年ほどの差しかありませんが、チャートで比較してみましょう。
下の日足チャートは、いずれもZaifからの引用です。

bitcoin-1

上のチャートの表示期間は、2016年11月~2017年1月です。2017年初めまで、順調に価格が上昇していました。そして、1月に入って一気の下げです。この動きをビットコイン価格で確認しましょう。

2016年10月くらい: 7万円台
2017年1月くらい: 最高で15万円くらい

1月に15万円くらいになった後、9万円を下回る価格まで一気に下げました。15万円で買ってしまった場合、「高値掴みしちゃったねえ。これ、どうしよう?」という雰囲気が漂います。このチャートを見ると、15万円で買ったら損切りするしかないかも?という感じです。

しかし、この記事を書いた時点(8月30日昼)のチャートを見ますと、以下の通りです。

bitcoin-2

50万円を超えています。

高値掴みしてしまったか?という感じの15万円ですが、実は大安売りの最中だったと分かります。現在値を見てしまうと、15万円が激安に見えてしまいます。

しかし、年初の時点でガッツリ買うという選択は、ゆったり為替を始め多くの皆様にとって難しかったのでは?と思います。株式や債券などの伝統的な投資対象と比べて、ビットコインは適正価格を考えるためのよりどころがありません。

トレードという観点からは、極めて難しい対象だと思います。

しかし、値動きが大きいので面白いです。正直なところ、今のFX市場はちょっと・・・。直近はボラティリティが上昇しました。しかし、価格変動率上昇の原因が北朝鮮のミサイルですから、歓迎できるものではありません。

ビットコインの日足チャート分析は的中率が比較的高いように見えますし、しばらくビットコインから目を離せない状態です。当座は、11月にも実行されると予想されるブロックサイズ拡大に注目しています。

→ ビットコインのチャート分析を検証【2017年6月30日分】