lucky可能ならば、歴史的安値で買って、歴史的高値で売り抜けたいです。これができれば、一気に大きな利食いができます。

では、歴史的安値で買えるチャンスは、どれくらいあるでしょうか。2002年1月以降について確認しましょう。

以下の月足チャートは、トライオートFXからの引用です。チャート表示期間が長いので、ラインチャートにしています。


米ドル/円(USD/JPY)

2011年から2012年にかけて、歴史的安値だったことが分かります。このチャートでは表示されていませんが、1995年も80円割れの超円高になりました。

usdjpy


ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ/円(EUR/JPY)も、米ドル円と同じくらいの時期が歴史的安値だったと分かります。すなわち、2011年~2012年あたりです。

eurjpy


ポンド/円(GBP/JPY)

ポンド/円(GBP/JPY)は、上の2つと少し違います。2011年から2012年にかけて安値ですが、2016年にも安値が出ていることが分かります。

gbpjpy


豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル/円(AUD/JPY)は、2008年のリーマンショックでの安値が特徴的です。また、2002年も歴史的安値だったことが分かります。

audjpy


カナダドル/円(CAD/JPY)

カナダドル/円(CAD/JPY)は、上の通貨ペアとは一味違う値動きです。歴史的安値になった回数が多いです。2002年、2008年~2012年、2016年です。ただし、1995年に60円割れを記録しています。これが歴史的な最安値ということになります。

cadjpy

歴史的安値が出現した年のまとめ

〇は、歴史的安値が出現した年です。

2002年 〇
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年 〇
2009年 〇
2010年 〇
2011年 〇
2012年 〇
2013年
2014年
2015年
2016年 〇

以上の通り、長期間を通してみますと、意外に歴史的安値の出現回数が多いと分かります。歴史的安値が出現してから買いたいけれど、今はそうではない…という場合も、何年か待てばチャンスがやってくるかも?ということになります。

ただし、歴史的安値が出現するときは、何らかのショックが起きている時でもあります。そのような状況でも買えるか?が勝負の分かれ目になりそうです。