featured-imageビットコインを保有するだけで、2017年8月初日に新しい仮想通貨を無料で獲得できました。その名はビットコインキャッシュ(BCCまたはBCH)です。

ゆったり為替も無料で獲得しました。そこで、ここまでの価格推移を確認しましょう。
ビットコインキャッシュを無料で獲得できた経緯などについては、下の記事でご確認ください。

→ ビットコインを使って、ノーリスクで稼ぎたかったら注目!【2017年7月末までの期間限定】

何の条件もなく無料で獲得できましたので、いつ売っても利益になります。含み損はありえません。実に素晴らしいトレードです。いつもこんな感じならば最高ですが、そうはいきません。そう考えると、BCHの獲得は最高のプレゼントです。


では、ZaifのチャートでBCHの価格推移を確認しましょう。8時間足です。

bccjpy-1

何だか、とても見づらいチャートになっています。それもそのはず、取引開始初日に1BCHあたり100万円の価格がついた(らしい)からです。チャートの左部分に長い陰線(赤の縦棒)があります。ここで100万円の値がついています。

しかし、本当に100万円で売買が成立したのかな?と疑問に思います。ゆったり為替だったら、100万円なら即売却したいです。

というわけで、サーバーエラー等の可能性も考えて、bitbank.ccのチャートでも確認してみましょう。

bccjpy-2

こちらも、見づらいチャートになっています。赤矢印部分で、100万円には達していないものの99万円の値を付けているのが原因です。どうやら、本当に100万円周辺で約定しているようです。この価格で買った人は含み損が大変でしょうが、売れた人は最高の展開です。

そして、この記事を書いた時点の価格を確認しますと、7万円くらいです。完全無料でこの価格のBCHをもらったのですから、満足です。

ただ、BCHが今のところ成功しているのを見て、別のマイナー等が「自分もビットコインをハードフォークして儲けてやるか!」などと考えないようにお願いしたいところです。分裂騒ぎは、ユーザーにとってストレスが大きいです。

しかし、日本の主要な取引所では、ビットコインキャッシュを取扱っているという状況です。仮想通貨の取引が活発な日本ですが、取引所に上場できている仮想通貨の種類はわずかです。世の中には1,000を超える仮想通貨がありますが、そのうちの20弱くらいしかありません。

「日本の取引所で扱ってもらえる」というのは、ビットコインをハードフォークさせる誘因になりそうな気がします。