288878-2トライオートは様々な機能がありますが、仕掛け注文の分析に加えて経済情勢等も分かりやすくまとめた情報資料があります。

「マンスリーレポート」です。そこに掲載されているランキングを確認しましょう。 

下の表は、11月に発行されたマンスリーレポートからの引用です。実際に顧客に選ばれた人気の仕掛けの上位10個を並べています。

201510人気の仕掛け

これを見て気づくことがあります。「人気上位10個の仕掛けすべてで、過去1か月間でプラスの成績を残している」ということです。人気と成績は一致しないと思うのですが・・・。トライオートのユーザーは相場観が良い人が集まっているのでしょうか?

ユーザーは、仕掛け注文を選択するにあたり、バックテストの結果を検討していると思います。よって、バックテストの結果がその後1か月間程度においても有効に機能したということなのかもしれません。

全ての仕掛けをじーっと見ますと、1か月間で最も低い収益率でも3.7%です。単純に12倍すると、年間収益率は40%を優に超えます。

もちろん、実際に採用しても40%を超えるかどうかは不明ですが、人気上位10位に入っている仕掛け注文で最低の成績でも、優秀な成績を収めています。


なお、これは過去1か月間の成績です。このため、仕掛けを採用した時期によっては、表に書いてある仕掛けと同じものを使っても損してしまうということもあるでしょう。しかし、人気トップ10がすべてプラスの成績とはすばらしい成績です。

表の一番左にランキングが書いてありますが、そこに「注意」「注目」という文字が見えます。この仕掛けについて、別のページで詳細に分析を読むことができます。


ちなみに、人気上位10位までに入っている通貨ペアを確認しますと・・・

1位: 米ドル/円(USD/JPY) 3つ
1位: 豪ドル/米ドル(AUD/USD) 3つ
1位: ニュージーランドドル/米ドル(NZD/USD) 3つ
10位: ユーロ/豪ドル(EUR/AUD) 1つ
10位: ユーロ/米ドル(EUR/USD) 1つ

円を含む通貨ペアが1つしかありません。米ドル/円(USD/JPY)です。1位タイでAUD/USDとNZD/USDが入っています。これは裁量取引の一般的な傾向とは大きく異なるはずです。円を含む通貨ペアがこれほどに不人気とは!

仕掛けランキングを使って選択する場合、円を含む通貨ペアに限定する必要が全くありません。このため、自分の好みの通貨ペアという色眼鏡を通すことなく、純粋に成績を眺めて仕掛け注文を選択している結果かもしれません。

→ トライオートのマンスリーレポート(2015年11月発行)
→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット