150924-2今週の第4回トライオートFXグランプリ。ゆったり為替の成績はどうだったでしょうか。

成績と分析をお届けします。

今週の結果: 

実現損益: +9,927円
含み損益: -14,616円

通算成績(実現損益): -727円

10月23日(金)時点の順位
損益ランキング: 圏外
獲得pipsランキング:
 圏外


今週の評価:

今週のゆったり為替の成績は、比較的好調でした。

裁量トレードは利食いできたものも損切りしたものもありますが、合計でプラスを確保しました。ユーロの急落がゆったり為替にとって吉と出ています。


現在、AP注文を駆使して、リピート系(トラップ系)のトレードを2通貨ペアで実行しています。米ドル/円(USD/JPY)とユーロ/ポンド(EUR/GBP)です。USD/JPYの値動きがかなり怪しいですが、EUR/GBPは期待通りの推移です。

USD/JPYは上値抵抗線だと思うラインの少し上に損切り注文を設定しました。これが成立してしまうと、損失が再び大きくなってしまうのですが、果たしてどうなるでしょうか。現在の状況から判断すると敗色濃厚ですが、ここからの反落に期待します。

特定の狭い範囲を決めてのリピート系(トラップ系)は難しいな・・・と、改めて実感しています。

なお、リピート系(トラップ系)のトレードを2つ実行していることを受けて、含み損が出ています。このトレード方法は含み損を許容しながら利食いを繰り返していくトレード方法ですから、含み損が出てしまうこと自体は問題なしと考えます。


ただ、第3回トライオートFXグランプリと比較して、今回はトレード数量が明らかに多くなっていますが、成績がそれに比例して良くなっているわけではありません。

成績を向上させるためにトレードをたくさんしなければ!というのはポジポジ病にかかってしまう原因となります。合理的な理由がある場合にだけトレードする、という姿勢が重要だとわかります。

・・・と書きつつも、これからも比較的取引回数を多くしていこうと思います。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット
→ 積極的なトレードとポジポジ病は紙一重
→ 第4回トライオートFXグランプリ:今回は積極的に攻めます!
→ ゆったり為替の反省会:第3回トライオートFXグランプリ