らくらくFXでデイトレードを勉強中です。

ゆったり為替にとっては、「取引開始後に指値と逆指値を変更できない」というのは痛いデメリットなのですが、これがメリットになる人は多いと思います。

この相反する状況。どういうことなのでしょうか。 

指値を変更できないことがメリットになる理由

FXで勝てないパターンとして有名な「利小損大」を回避できるのがメリットです。

一般的には、取引開始と同時くらいに利食いと損切りを発注して為替レート推移を待つでしょうが、利食い位置まで為替レートが進むのを待てなくて小さい利益で決済してしまう。これが「利小」です。

一方、損切りになるときには、当初の損切り注文よりも含み損が小さい時点で決済しようとはなかなか思わないでしょう。最後まで頑張って損切りが成立します。

利益は小さく、損失は大きく。この場合、勝率がとても大きくないと最終的な成功を収めるのは難しいでしょう。


らくらくFXは、この「利小損大」を回避するためにとても有効です。

というのは、取引の開始前に、利益額と損失額をあらかじめ決定します。しかも、両方とも同じ額にします。あとは、トレードを開始するだけ。指値は変更できません。

すると、勝つときも負けるときも、値幅はいつも同じ。ということで、勝率を50%以上にすることだけに注力すればOKということになります。

ゆったり為替にとってはデメリットになる理由

ゆったり為替の場合、「利小損大」となるトレードはもうしません。スイングトレードやポジショントレードで鍛えたので、その壁はクリア済みです。

この場合、指値を変更できないというデメリットが浮上します。たとえば、

・ 取引開始後、逆の方向に進むというシグナルが出現した!

この場合、指値の変更をしたり決済したいと思います。らくらくFXでは、指値の変更はできませんが、決済はできます。このため、厳密には絶対変更できないというわけではありませんが、指値を変更できたほうが助かるなと思うときが珍しくありません。

しかし、ゆったり為替にとっても有効な機能だった

では、ゆったり為替にとって、らくらくFXは役に立たなかったか?といえば、そんなことはありません。1回のトレードでの損益をいつも一定にできます。すなわち、「勝率50%以上を目指すことにだけ注力すれば良い」です。これは大きなメリットです。

慣れないデイトレードをすると、あれも考えてこれも考えて・・・と、気持ちが忙しくなります。焦ったり急いだりするトレードは負けの原因になります。

しかし、らくらくFXは取引開始前にすべてを決めて、取引を開始したらあとは何もしません。利食いや損切りの発注も事前に設定します。

よって、段階を踏んで訓練していくためには良いツールだと思いました。

実際のところ、この訓練の成果を生かせるかな?と思って第3回トライオートFXグランプリでデイトレードをしましたが、いい感触でした。利食い位置の設定がまだいい加減なので改善の余地が大きいですが、成果は出てきていると思います。

では、ゆったり為替のらくらくFXの成績はいい感じ?ですが、そういうわけでもありません。「この方法はどうかな?」「あの方法はどうだろう?」という感じで色々なトレードを試しているので、勝率は50%あたりをウロウロしています。

第3回トライオートFXグランプリでは、今まで試した中で確率が高いと感じた方法を採用しました。

→ デイトレード専用ツール「らくらくFX」のメリットはこれだ!
→ 指令!デイトレードの能力を向上させよ!(らくらくFX)
→ 適当に100戦してみます(それでも勝算あり?):らくらくFX