昨晩、マネックス証券のtradable(トレーダブル)の発表会に行ってきました。ニコニコ生中継もされていましたから、ご覧になった方も多いと思います。

その後のレセプションで、社長の松本大(まつもと・おおき)氏と1対1で話ができる幸運に恵まれました。 

専業トレーダーであるゆったり為替にとって、松本大氏とラリー・ウィリアムズ氏は憧れの巨匠です。5分~10分とはいえ、その巨匠に1対1で話をしていただく機会を得たのは幸運でした。

・ 松本大社長プロフィール(外部サイト)
・ ラリー・ウィリアムズ氏プロフィール(同上)

そこでのやり取りを少しご紹介します。

**********
ゆったり為替の質問: 
社長はトレーダーとして大成功を収められましたが、今はトレードをしていらっしゃらないように見受けられます。トレードへの熱は冷めてしまったのでしょうか。

松本社長:
今でも大好きですよ。今はマネックス証券にいますが、いつか退職する日が来るでしょう。そうしたら、再びトレードをしたいと考えています。また、ソニーと一緒にマネックスを立ち上げたのですが、ソニーからはトレードをするように要請されたんです。私はトレードで多くの額を稼いでいましたから。しかし、断りました。

トレードが大好きなので、トレードをしてしまうと顧客向けサービスなどの業務が全くできなくなってしまうからなんです。だから、今でもFXに限らずトレードが好きです。
**********

松本社長のトレード熱は冷めていないという話を伺えて良かったです。松本社長はデイトレード派のように見受けられました。ゆったり為替とは少し分野が違うようです。また、雰囲気がとても柔らかい方で、包容力が大きい方のように感じました。

で、tradableはどうだったの?ですが、機会があれば書いていきたいと思います。

tradableを作った会社の社長とも話をしたかったのですが、とてもカッコイイ社長だったので女性客を独り占めしていました。というわけで、話をしないで終わりました。カッコイイというのは得だなあ・・・。

→ マネックス証券「tradable(トレーダブル)」が異色の面白さ